もっともっと見える議会へ

こえだメール21号(本日第4回定例会終了)より

写真 (3)

みなさん、こんばんは。
今日は、千代田区議会第4回定例会の最終日でした。
石川区長3期目最後の本会議ということで、
会議場には新聞記者さんがいっぱい詰めかけていました。

2つの大きなことがありました。
1つ目は、石川区長の4期目に向けての出馬表明です。
「区議会からの厳しいご意見もいただきながら、区政はこの4年間より良い方向に向かってきた。
さらにこの歩みを進めたい。」というようなことを述べていたと思います。

2つ目は、千代田区による情報漏えいを調査する区議会百条委員会が、12月25日に石川区長を
証人として喚問することにしたとの委員長報告もありました。
明日の新聞各紙はどのように書くのでしょうか。
福祉とコミュニティーを担当する委員会が、町会補助金の横領事件をめぐって、
区長から関連の区議に情報を漏らしたのではないかとする調査なのですが、
このやり方は、かつて都議会で、千代田区選出のU元都議が、石原元知事の浜渦なる秘書が
元都議の利権について新宿選出の新人都議に質問をさせたということについて、
「やらせ質問問題」をめぐり百条委員会をつくり、結局、
元秘書も飛ばし、都議も落選をさせたということがあったのですが、
そのやりかたとうり二つのやり方だと思います。

謀略めいた区政運営ではなく、正々堂々と、明日の千代田区をかたって、勝負してほしいものだと
思います。

結局、補助金のあり方そのものに手を付けなかった石川区政にも問題はありますが
問題の本質にせまらず、言ったか言わないかに終始するやり方も問題です。

ひとまず、2つの大きなダブル選挙の中で、明日の各新聞朝刊都内版にどのように書かれるか、
ご注目くださいませ。

こちらからは、威勢のよい報告はできず、申し訳ありません。
ダブル選挙については、まるで、トライアスロンのような日々をたたかっております。
選挙は、大変ですが、さまざまな人に出会い、マイクをとることで表現し、改めて世論にさらされる
刺激的な場面でもあります。何より出会い再会がたくさんあって、元気がでます。

no title

厳しい状況ですが、どうぞ、それぞれの立場から見守ってください。
私も持てる力を出し切ってがんばります。
小枝

千代田区

コメントする