カテゴリーアーカイブ Uncategorized

著者:admin

政治の縮図、千代田区で起きていること≪なぜ百条≫

千代田区長への三番町マンション優先販売問題
~コロナ後のあり方、首長職権と便宜供与をめぐって~

★6月16日(火)午後3時~
千代田区長石川雅巳氏へ百条調査に基づく証人出頭請求
千代田区議会8階第一委員会室

☆これまでの経緯
■本年3月6日(金) NHK報道

 千代田区の総合設計制度を適用し、容積率を緩和した三番町のマンションを公募抽選によることなく、3戸ある「事業協力者住戸」のうち一戸を千代田区長がご家族と共有で購入し、入居している旨のテレビ報道がなされた。

 これは、木村区議が数年来取り上げてきたことで、
ライオンズ➡三菱地所➡住友不動産➡三井不動産、そしてこの度の三番町も三井不動産。

 4戸目さくらテラスまでは、不当なことだとは言え百条委員会を設置するまでにはいたらなかった。
百条を設置するということのハードルは極めて高い。
しかし、公募抽選なしの優遇物件であることを、調査力の高いNHKが見出し、予算委員会で区長自身もも「知らなかった」としつつ、事実として認めたことから、百条の成立要件を十分に満した。
 もし、あの時に決断しなければ、事業者に圧をかけて、事実をゆがめることもできたかもしれない。
 そのくらい、地方分権下におけるまちづくりを掌握する、公務員と首長の権限は強大だということを、知っておいて欲しい。

■3月9日(月)
千代田区議会予算委員会(議事録全文以下↓)

https://gikai-chiyoda-tokyo.jp/about/nittei/kiroku/yosantokubethuiinkai/020309yotokukiroku.pdf
   ≪午前はコロナ集中議論、後半午後の部は議事録P23~≫
読む暇のない方のために、要約します。
➡区長は「三井不動産から事業協力者の提供を受けたことは確認している。」

(議事録P27~)と認めた。
➡さらに「一つの人格ある大人(次男さんのこと)が制度の中で申し込みをした。・・私が説明するいわれなない。」として、家族がやった、自分は知らない、お金を出しただけ・・と。

➡そして、「区民に対してしっかりと説明をして欲しい」という問いに「今回の報道に関しましては、必ずしも事実と違う部分が報道されたという風に私は思っておりますので、区民にわかりやすくこの問題を説明することを考えております。」(議事録P42)と答えるも、現在に至るも、一切の説明を果たしていない。

この日のうちに百条調査の必要性が確認された。

■同日3月9日(月)夕刻、

 岩佐区議からは、東京ミッドタウン日比谷について、重要な問題提起があった。  (議事録P59~)
 私は富士見のさくらテラスの億ションを家族で購入、区長の許認可で410%を930%にまで引き上げたマンションを家族で買って転売7千万円の利益を上げていた件(6月11日発売の文春に詳しい)で頭がいっぱい、正直驚いたような次第。つまり、5期20年で5棟もの億ションを買っては転売していた区長には、論点がありすぎて絞り込めないほどなのだ。

以下概要⤵
当該マンションの販売業者が「東京ミッドタウン日比谷」の再開発事業者と同一グループの事業者であり、当該開発にあたっては、区道を付け替えて生み出された約2000㎡に及ぶ千代田区でもっとも高額な区有地(200億円を超えるともいわれる)等を、千代田区議会に何ら報告相談一切なく、誰にも知られないよう、ごくごく秘密裏に当該開発に20年間、無償貸し付けを行っていた。

 こうした事実を踏まえ、総合設計制度及び地区計画制度の運用にあたって、区の事務執行が正しく行われていたのかについて調査するため、千代田区議会は百条委員会を設置した。
(3月11日本会議場で議決、都ファと公明退席の上、全会一致)

■4月24日(金)

 初の百条委員会には、コロナを理由に問題をうやむやにするなという区民が傍聴にかけつけ、
傍聴アンケートでは、「インターネット中継を求める」と書いた方が9名もいたという。
 委員会の中に異論もあり、また環境が整わないのではないかとの問題もあり至らない可能性も高い。
申し訳ありませんが、傍聴という方法しかない場合は、傍聴室が確保されていますので、コロナ予防対策を十分にして区議会へおいで下さい。ご自身の目で耳で真実を見極めていただきたくお願いします。

◆6月8日(月)

 さらに驚きの出来事!!
 区長は代理人を立てて「この調査が不当な調査である、調査の議決を撤回せよ」と、議会あてに「意見書」なる書類を送ってきた。意見書と回答書は、手続きを経て公開されますが、それに回答するとさらに立て続けに、もう一本信じられない意見書(マスコミに情報を漏らしているのは議会ではないか?というような・・)を送り付けてきました。

 二元代表制というものを何もわかっていないふるまいに、驚くばかりです。このようなことを言ったら、首長が職務権限を濫用してどのような利益を得たとしても、議会は問えないとなる。贈収賄にもなりうる事案とまで言われるこの件は、地方分権下において大きな権限が肥大化した首長とデベロッパーの節度ある関係が問われる重要事案なのだ。

 代表質問(議事録全文P5~7)
https://gikai-chiyoda-tokyo.jp/about/nittei/kiroku/honkaigisokuhou/020608honkaigisokuhoukiroku.pdf

◆6月16日(火)午後3時~

 全日の15日は第2次コロナ補正予算、
閉店相次ぐ地域への経済支援が何もない、驚くべき予算に
議会は深夜までの作業と調査が続いている。
 考え方は一貫している、区民の困窮に寄り添う意識の薄さ、公共事業とマンション開発のためにただただ膨れ上がった千代田区の予算を見れば、「コロナ危機に百条を進めるのはいかがか」という問いが、いかに的外れかがわかってもらえると思う。
 地方自治とは何か、政治とは何かが激しく問われている。

追伸:
都知事選が目前である。
小池都知事は都市政策やご自分の公約にあまり関心がないのではないかと思われる。
石川区長は、3年前、小池さんの風を受けトリプルスコアで5期目の当選を果たした。
次回への執念もなみなみならないものがあった。
そうした政治権力に絡む意欲と執念はこうしたブログで表現するには限界があると思っている。

参考:
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/statement/31363.html
NHK「おうちで学ぼう」より

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60106550Y0A600C2L83000/

文春オンラインより

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60106550Y0A600C2L83000/

日経新聞「区長、百条撤回求める」より

2020.6月12日

小枝すみ子@千代田区議会より

IMG_2909
IMG_2914 (1)

著者:admin

ある日のメルマガより

ちよだの声メールNo.36ー2020年6月1日の朝にー

 子どもたちは学校や職場へ、
心配だったり、ホッとしたりの始まりでしょうか。
学校のオンライン体制は整ってきましたか。
良いこと悪いことなんでもお知らせください。

さて、議会の朝に、今後の日程をお伝えしておきたくなりました。
ーお忙しい方は、どうぞスルーしてください。ー

港区は昨日から区長選挙が始まったようですが、千代田区は、
今日から6月議会。1時から区長の招集挨拶です。
その予算の概要が漏れ聞こえて来た時は、落胆しました。
遅い、遅すぎる、何もしない、怒りの声が聞こえてきます。
しかしこれに関してはわたしも悪かったと思います。
行政情報が足りず(一方であふれくる地域情報が処理しきれなくなっていた・・)的確なタイミングで的確な要求ができていない!!


それでもいま、議会でたしかな動きがありそうな予感・・、
コロナの2波3波も予測しながら、
「コロナ危機から命を守る区政運営に」
コロナで命を落とすのは感染によるものだけではない、
失業、閉店、家賃が入らない、ステイホーム下でのDVや虐待、
そうしたもろもろに最大限力を尽くす体制にあるのか、
コロナ前に決まっていた200億円もの一等地の購入、
150億円かけても出来上がらない四番町施設の今後など、
再再度見直し、財源をコロナ後の地域再生に全力を尽くすべきです。

さて、もう一つ、大切なお知らせです。
殿ご乱心とも言える千代田区、
20年、区内高級マンションを購入と転売を繰り返してきたと言われる現区長、
何が真実なのか、どうかみなさんの目と耳で確認していただきたくお願いします。

「事前に内覧、希望の部屋を」千代田区長「高級タワーマンション優先購入問題」で新証言https://bunshun.jp/articles/-/38192

東京・千代田区長の不動産問題、「百条委」で調査へhttps://r.nikkei.com/article/DGXMZO56668810R10C20A3L83000?s=3

百条調査の区長尋問の日程が
6月16日(火)15時~と決まりました。

関係事業者からも資料が続々と届いており、強い調査権を持つ委員会(百条委員会)設置が
必要であったことを確信します。
政治家が嘘をつくことが常態化しています。
コロナの2波3波も懸念される中、インターネット中継を求めていますが、
詳細はまたお知らせします。

2020、6、1
コエダ@まないた橋

 半蔵門の朝

874C504C-110C-44EB-9873-B3CF0455E4BF

著者:admin

困窮者支援どうしたら・・

緊急事態が31日まで延長された

各政党、各団体が、各種各様のコロナ支援案内をしてくれている。
けれど、全国レベルのものであったり、東京レベルのものであったりするので、
千代田区仕様のものを≪融資・相談・子育て・福祉≫など、バラバラでもいから
掲示板に張り出して欲しいと同室の長谷川区議と要望書に書き続けてきたが、
なかなか変わらないので、完璧かどうかはともかくとして
私たちが欲しいものをイメージしながらつくってみた。

とりわけ、
生活保護、DV、虐待、そして社会福祉協議会の小口資金貸付を目立たせたかった。
とにかくあきらめないで、
生き延びて欲しい。行政がだめなら民間もある。
超高層ビルに阻まれて、「こちらは防災千代田・・・」という、緊急宣言のアナウンスも
内容が聞こえなくて不安だという声も強いので、防災無線ダイヤルもいれてみた。

我が家も子どものころ、こっぴどい倒産を体験しているので
一つの会社がつぶれるとき、どれだけの家族一族と社員が
死ぬほど苦しむかを覚えています。

あきらめないでと言いたいです。

弁護士さん、税理士さん、各政党など、上手にまとめてくださっていたので
それらを参考に作ってみた。

私がつくったところで、情報は一部のご近所と知り合いにしか行かない。
行政や議会全体で一日も早く、相談体制を整え、皆に知らせて欲しい。

休業助成や家賃減免なども出てくるようだから、またアップデートしていこうと思う。
  名前が入ってるものと、入ってないもの、以下⤵

新型コロナ対策支援一覧「ちよだ版」 

コロナちよだ版誰でも用
コロナちよだ版小枝用

もう少し詳細が必要な方には、こちら

5枚もの白黒チラシ1枚目表示

ファックスします。

5枚もの白黒チラシ

その他、各党各団体の資料など
都道府県、市町村など各自治体の支援策→https://j-net21.smrj.go.jp/support/tsdlje00000085bc.html
https://covid19.moneyforward.com/personal/main?fbclid=IwAR3FMm8DNInJ6nOkE13L2BTyf5xq7wvzerF4vtj2XllmK3Ro8gJG07wI53g
https://www.jimin.jp/covid19/individual/

 2020年5月4日
小枝@ステイホームのGW

著者:admin

緊急要望【第5回】4月30日

「米百票の精神」

ご意見をいただくなかから、一致できるものを文章で提出しています。
一層の検査充実に関する要望も大きかったですが、方法論が定まらず、行政としても必死の対応に踏み込んでいるので
今回は項目化しませんでした。

千代田区議会は、個々に要望を行政にぶつけて、現場を混乱させてはいけないということで、コロナのみならず災害対応においては
議長副議長一括対応で行うことになっています。メリットデメリットはあると思いますが、やはりこれがベターなのだろうと思います。

今回もまた「子どもたちのオンライン授業準備急いでー」と書きました。千代田区は小学校にビルゲイツが授業見学に来るくらい進んでいた時もあったのだけれど・・、先生もがんばってるし、教育委員会っも頑張っているけど、後塵を拝してしまいました。
私もわが子育ても含めて反省するところしきりです。
先日オンライン勉強会で、日本全体の状況を知って驚きました。
参考になるので、貼り付けます。スマホを1時間で制限する条例が話題になっていますが、その処方箋は、日本の子どもたちに早いうちからパソコンを与えて遊ばせることなのかもしれません。

遅かりしといえども、いまこそ「米百票の精神」のさいスタートですね。
≪以下の出典:5月2日(土)7時ー神楽坂サロン「縮小する日本の問題点」part2より≫

子どもたちパソコン持ってるもてない国債比較
高等教育費負担
15歳生徒のパソコン利用国際比較

以下、第5回緊急要望
※ご意見お寄せください。声を出してください。あきらめないでください。

2020年(令和2年)4月30日

千代田区長(新型コロナウイルス感染症対策本部長)

石川雅己  様

千代田区議会議長(区議会災害対策支援本部長)

小林たかや 様

千代田を紡ぐ会 長谷川みえこ

 ちよだの声  小枝 すみ子

立民新生ちよだ 岩田かずひと

新型コロナウイルス感染症対応に関する緊急要望【第5回】

 新型コロナ感染拡大による緊急事態の中で、現場を支える区職員のみなさまの日々の職務に敬意を表します。
 区議会では過去4回にわたり、コロナ対応に関する要望を行なってきましたが、改善されたものがあるもののいまだ多くの項目について改善可能なものでも動きが見えないものも少なくありません。
 タイムラインが定まらない中、どのくらいのスピード感で施策が進むのか不明なまま、区独自の予算化日程が見えません。私たちは、ことここに至って行政の奮闘を応援し支援する立場ではありますが、区独自項目のない補正予算を問われる立場にあることから、6月議会含むその後の動きにも期待を寄せ、緊急要望をさせていただきます。

1)    区役所本庁舎の安全管理について

 他の自治体においては、市舎内における市職員に陽性反応が出たことにより、本部機能を司る本庁舎閉鎖になっています。ひとたびそのような状況が発生すれば、緊急融資の手続きや困窮者のための生活支援にも支障を来たすことになることから、来訪者及び職員への感染防止に最善を尽くしてください。

①一階の出入り口における検温

②感染防止のため、庁舎内のトイレに蓋をつけ「流す際は蓋を閉める」よう、張り紙をする

③1階トイレの清掃と消毒頻度を上げる

2)    子どもたちのオンライン授業の開始を最短距離で実施する
 子どもたちの各家庭の状況調査をして下さっていることに感謝いたします。ほぼ全ての会派より、モバイルWi-Fi及びタブレットの貸し出しの上、一刻も早い導入が求められていますが、補正予算化→入札→ICT機器の購入となれば、数ヶ月の時を要してしまう。

①千代田区には大学も企業も多くあることから、協力を求めれば、区内大学等の人的物的技術的な協力を得られる可能性は大きいのではないか。呼びかけてみてはどうか。

②これでは不足する場合、早急に必要数を確定し、子どもたちのためのモバイルWi-Fi及びタブレットの購入をしていただきたい。

3)     医療従事者等へのホテル宿泊施設借り上げ

 首都機能の多くを有する千代田区には、大学のみならず医療機関も集中し、地元千代田区としては、医療機関を支え、収束に向かうために何ができるのかを、熟慮する必要がある。不眠不休で医療を担う方々の、宿泊・休息環境を整えることで、その一助の役割を果たせないか。

4)     軽症者等受け入れ用宿泊施設の借上げ

千代田区のコロナ陽性患者数は23区一少ないが、今後の状況は予断を許さない。結果的に使用しないことがあったとしても、最悪の事態を想定して、区として独自に、軽症者等受け入れのためのホテルを借り上げておくべきではないか

5)  休業時における相談窓口開設について

かつてない不況が覆う中、各種給付、助成、融資、貸付、相談事業(DV・虐待含む)などが、いのちにも関わる重要な役割を担っている。行政の相談窓口においては、今後は休日においても当番制で対応できるように検討されたい。

6)   コロナ相談『ナビダイヤル』の開設について

コロナ関連のあらゆる相談(保健福祉・緊急融資・子ども教育等)に関する『ナビダイヤル』を施設し、わかりやすく広報してほしい。

7)  育児・介護にあたるものがコロナ感染した場合

同居する子ども・高齢者・障がい者の短期入所等の支援。

8)  在宅で経過観察中の感染者支援

   外出できない感染者への食料品・日用品等の支給

以上

著者:admin

急いで、改善して、様々な声を受け!

「DV・虐待相談強化」など緊急要望

ー1人会派知恵を合わせて再々度「緊急要望」出しましたーHERP‼️改善すべき!皆さんのお声をお寄せください。地域を超えて支え合いのネットワークも広がっています。あきらめずに、道を探しましょう。

小枝すみ子090-5506-1516
sumikokoeda@gmail.com

IMG_2556

緊急要望は以下です。↓

2020年(令和2年)4月20日

千代田区長(新型コロナウイルス感染症対策本部長)

    石川雅巳 様

千代田区議会議長(区議会災害対策支援本部長)

    小林たかや様

千代田を紡ぐ会 長谷川みえこ

ちよだの声   小枝すみ子

立民新生ちよだ 岩田かずひと

保健所はじめ、福祉・保育・清掃・土木、それら現場を支える自治体職員のみなさまに敬意を表します。長引く新型コロナ自粛要請のなかで、もっとも区民に身近な職員がいまできること、やっていただいたらよいのではないかということをまとめました。私たちとしては3回目の文書による申し入れです。どうかご検討のほどお願い申し上げます。

【千代田区として】

1. DV、児童虐待対策の強化を。・・・広報広聴課・児家セン・男女平等人権課

世界的にコロナ自粛に伴うDVと虐待が激増している。

内閣府男女共同参画局としてDV相談ダイヤルナビおよびDV相談+(プラス)を開始した。

●DV相談ダイヤルナビをはじめ、ミュウの女性相談と児童家庭支援センターの連絡先を、

早急に、コロナ対応のトップページに掲載してください。

●その他あらゆる方法で、相談窓口のわかりやすいアナウンスを。

2.出張所等にマスクポスト設置。・・・地域振興部出張所

自粛が長引く中、思いやりと優しさを表現したい時。

●ストックヤードがあるところと出張所に、「マスクポスト」を置いてはどうか。

(ただし開封前のもの) 

●余ったものを必要な人困っている人にさしあげてはどうか。

●出張所が地域のSOS、お困りごとコンシェルジュになる。

3.買い物弱者への支援・・・社会福祉協議会・保健福祉部

●ウーバーや宅配を使えないお年寄りや子どもたちのために、買い物ボランティアをしてくださる方を社会福祉協議会に登録し、ふたばサービス同様の時給を千代田区が支払う。もしくはすでにあるサービスをもっと使えるようにする。

●一人住まいの高齢者の安否確認を。

4.子どもたちの食事支援・・・子ども部・政経部(施設経営課)・地域振興部(総合窓口)

給食がなくなり、十分な食事が食べられない子どもがいる。

しかし、千代田区には子ども食堂は少なく、子どものための宅配も見当たらない。

●たとえば、区内の子どもたちに千代田区役所10階の食券を配布し、一階のパン屋さんでも使えるようにする。

●もしくは、区内のお店で子どもに無料で食事を提供してくださるお店(事前に登録)に、区が食事代金を支払う。

5.子どもたちの在宅学習支援・・・子ども部・政経部(IT推進課)

●必要とする子どもへのインターネット及びファックス等を利用した個別学習支援。

●まず可能なところ=IT推進校からオンライン授業の試行を(昌平小や神田一橋中など)。

●必要に応じて自宅のWi-Fi環境の支援。タブレットの貸し出し。

6.掲示板の有効活用・・・広報広聴課

●保健所のチラシ、緊急融資(国・都の各種助成金、協力金含む)、生活支援のほか、子どもと女性の相談窓口もわかりやすく掲示する。

●社会福祉協議会が行っている緊急貸付資金(20万円以内)等についても、掲示板に大きく掲示する。

7.区ホームページを、さらに見やすく・・・広報広聴課

  ●ホームページは情報を必要とする区民が一番初めにアクセスするものです。一刻も早く時々刻々と変化する新型コロナに関する情報を、区民にお伝えできるように、ホームページを改定してください。

●区民の関心の高いもの順・時系列順に区民がワンクリックで情報にたどりつけるよう、より一層の工夫を。

●チャットやラインの活用など多世代がアクセスできるよう、さらなる工夫を。

  (港区渋谷区参照)

8. PCR検査体制の強化について・・・保健福祉部・環境まちづくり部

医療機関と連携し検査体制の強化を図られることについて賛同します。

●一方、区役所付近はさまざまな相談にくる高齢者・遊び場利用の子どもたちの導線等に配慮し、開始後様子を見ながら俎板橋児童遊園や牛が淵沿いの遊歩道など、人々の往来が少ないところでの実施が可能か、一層スムーズかつ安全な体制の検討をお願いします。

●感染拡大の防止については、専門性ある医療機関の協力すなわち医師会の協力が欠かせない。対策本部のメンバーに医師会の代表者もお入りいただいてはどうか。

9.防災行政無線が聞こえないという不安について・・・広報広聴課・災害対策危機管理課

●10時と6時のアナウンスが聞こえないという不安が多数聞こえます。大切なメッセージが送られた時に聞こえないとあっては大変不安です。それらを解消するとともに、当面は「防災無線ダイヤル03-3237-9222」で確認できることを、わかりやすく広報してください。

10.新型コロナによる経済保障・経済復旧・医療・教育・福祉に全力をあげ、不要不急の公共事業は凍結してください。・・・環境まちづくり推進部・政経部施設経営課

●新型コロナ自粛中に、区民への説明を省いて、職員と事業者のリモートワークで公共事業を推進するようなことはしないでください。

11.民間事業者による解体建築現場の自粛について・・・環境まちづくり部

●二番町日テレスタジオの解体など、政府から接触の8割減を要請され子どもたちも含め、在宅を余儀なくされている中で、区民が苦情を申し述べるいとまもなく、激しい解体事業が日々行われています。また、区内様々なエリアにおいて、区民との調整途中の建設事業が強行されるのではないかとの不安が覆っています。行政はそうした地域住民の不安に寄り添い事業者を指導してください。

●建築現場はまさに3密の状態であり、すでに大手建設会社の現場において新型コロナによる死者が出ているなどの報道もある。区民の平穏で安全な暮らしを維持するため、建築解体の自粛を要請してください。

【国や東京都への要請事項】

現在の新型コロナに伴うさまざまな過酷な事態は日本政府=国が挙げて、国民の暮らしといのちを守るべき時です。

●新型インフルエンザ等対策特別措置法第70条≪国は、前条に定めるもののほか、予防接種の実施その他新型インフルエンザ等緊急事態に対処するために地方公共団体が支弁する費用に対し、必要な財政上の措置を講ずるものとする。≫に基づき、中小零細企業・個人事業主に対する休業補償(支援金・協力金)と都民への生活保障に対し、国が積極的に財政出動するよう要請してください。

●生活保護受給に伴う資産要件を緩和すべく、国に要請してください。

●東京都においては感染拡大の状況が止まらず、医療崩壊が叫ばれています。多くの都民区民が、外出自粛を求められ、自宅マンション等で過ごす時間が増える中、解体建築などの工事現場は依然として激しい騒音振動を響かせながら、動きが止まることはありません。日曜祝日の工事は実施しないことが通常であり、現在自粛を求められる都民区民にとって、リモートワークや学校休校で家族が在宅している状況にあり、そのような中で建設事業による大騒音は受忍限度を超えています。また、建築現場でのコロナ感染、それに伴う死者も出ていることから、建設工事の自粛を国と東京都に要請してください。

以 上