もっともっと見える議会へ

月: 2019年3月

政治と政策、そして選挙へ

新しい人、無所属の人、とりわけ女性が出馬しにくい議会というところ  平成最後と言われる、 統一地方選挙が始まり、朝のテレビニュースで毎日のように地方議会特集が報道されています。 全国の2割に女性議員ゼロ、全体でも1割ちょっと190カ国中165位、世界の異端児となっている。 気がつけば28年 27歳で千代田区職をやめて立候補、31歳で結婚、出産、その子たちがもう大学生と社会人49歳で都議選出馬、みごと落選それから2年間の余白を過ごし、この4年間区議に返り咲き、ごくごく凡人の私だが、区民の声に耳を傾け、できることはみなやってきたという自負はあり、また、教え育てくださる方が多い、ただならぬ…
すみ子
2年前

区民の想いと文化財が実は損壊していた。この事実の問題の根源は?

文化庁が文化財保護法の改正(平成30年法律第42号)を受けて、石川区長が千代田区の教育委員会から地域振興部に事務の職務権限の移管を行う議案を平成31年2月、千代田区議会今定例会に提出しました。小枝すみ子が現在から過去に遡り文化財保護の観点からあるべきでなかった事実について追求し白日の下に晒した。いったん立ち止まりあるべき姿に戻すべきといった思いが伝わった結果、区長は議案を取り下げ、議会は附帯決議を付すことに決した。 戦後、昭和時代において千代田区民は様々な理由から文化的価値のある各個人の遺産をその保存と将来への継承を求め千代田区へと寄付してきた。千代田区はその適正な保存の為に博物館法に基づき教…
すみ子
2年前