月別アーカイブ 2013年9月22日

著者:admin

やれやれ一息といいたいところですが、、、

日々、ネタはつきません

画像1みなさん、お元気ですか?
私は元気です。
もう明日23日で都議会議員選挙から丸三か月がたつというのに
私の暮らしぶりは、「やっと一息つきましたぁ」とご報告するには
いたっていません。
子どもたちに、「ねえねえもう仕事ないんでしょ、なのになんでそんなに忙しいの?」と
不思議がられているくらいです。とにかく、一つ一つ丁寧にこなすこと、
やっつけ仕事でなくて、丁寧に進めようと心掛けています。

とはいて、現職の区議さんたちは、今頃、質問の原稿書きや
決算の資料づくりに私よりずっとずっと大忙しのはずです。
私も、以前は、この対外的な相談、交渉、企画、イベントに加えて
さまざまな原稿書きや調査があったのですから、
我ながらどうやってこなしていたんだろうと思うと同時に、
現職の議員さん(一生懸命やっている人は)、本当にご苦労さんだなあと思います。

今年は、長期計画や住宅計画の策定の時期に重なり、
20年に一度の、楽しいやりがいのある1年なのですから、
各議員さんの、実りある前向きで有意義な議論を期待したいものです。

などと、やや上から目線ですみません、でも、外からみるってホント新鮮!!
22年間ずっと議会というコップの中にいたんだなと、つくづく思ったりする今日この頃でもあります。

猫カフェ初体験!!

画像1これは、単なる友人のペンケースですが、
借家の我が家は、動物を飼うことはできません。
これまで育てた小動物?は、
金魚、ザリガニ、ハムスター、そして、一番大きいのがインコまででした。
もうずいぶん前から、猫か犬を飼いたいとねだられ、
お願いだから将来結婚してからそれぞれに飼ってちょうだいと
逃げ回ってきましたが、
猫カフェというところがあって、一泊とかなら貸してくれるという話で、
それじゃ、やってみますかと、猫一泊初体験に挑戦してみました。
確かに、かわいい、いやされる、人懐っこい、そして清潔、むしろ猫のためにと掃除をするので
我が家がもっときれいになる、お別れの夜、「何ならうちの子になる?」という気持ちも
沸き起こりましたが、いやいや、いかんいかん、、と誘惑を振り払うのに苦労しました。

画像1
子どもたちに、全国でたくさんの犬猫が捨てられ、毒ガスで処分されていること
千代田区では、ここ数年ボランティアさんと、保健所の連携で、犬猫の殺処分ゼロ実績を
誇っていることも話してきかせました。

この子が、我が家に来てくれた猫、シンガプーラのるるちゃんでした。

「オレたち花のバブル組」、はまりました!

写真 (2)ちまたの奥様たちのお話を聞いていると、
日曜夜9:00TBSの半沢直樹と、朝ドラのあまちゃんとそのあとのアサイチが
人気のようです。朝ドラとアサイチは私も好き。半沢??八重の桜のそのあとかと
思いながら話を聞いて、近所の書店で待ち合わせしていたら、、
あるあるあちこちに半沢直樹シリーズ。

ぱらぱらとめくってみると、作者の池井戸潤さん、私と同じ年の生まれ、バブル入社組なのだ。そういえば、同級生で頭が良くてまじめな子たちは、銀行に行ったっけなと思いだし、何が面白いんだろうと、ふと手に取って、読みはじまると確かに面白い。
いるいるこういう上司、欲しいねこういう同期、で、不正と陰謀をまさに10倍返しでひっくり返し、いいたいこといって出世する、これはなかなか現実にはないこと。どっぷりはまって、朝まで読んで、朝ごはんをつくらないで、さらに読み続けていたら、さすがに子どもたちにひんしゅくをかい、今日は二冊目を買いに行こうかなというと、ちょっとそれやめてよねと、叱られたほどでした。

でも1巻のほうが、2巻より面白かった気がします。テレビを見ると、ちょうど、読んでる場面、テレビと原作とは違う印象を感じたけど、ま、テレビで見ればいいやと、本はすでに机の飾りに、千代田区は不動産と金融にまつわる話も少なくないので、そういう意味でも面白い。そして、秋は高校同窓会、落選中の私だけど、それぞれバブル組みのみんながどんな風に働き暮らしているのか、話を聞くのもさらに楽しみになりました。

ちなみに、facebookにも載せましたが、ご近所、錦町の学士会館で、半沢直樹の撮影をしているのを発見。
学士会館と言えば、八重さんの夫、新島襄の生まれ育ったところでもあります。(以前に書きました。)写真 (6)
見どころたくさんの神田ですね。

今日は、何年振りかで、パソコンから、ブログの投稿をしてみました。
えい!!

著者:admin

オフィス小枝スタートです(^^;;

22年の片付けに
2ヶ月かかりました!!

しまった!!
事務所が完璧キレイになった写真を
とっておくんだった、
結局、区議会の部屋の片付けに、先週半ば、8月26日までかかってしまいました。
以前、皆さんに紹介した暮らしの手帖編集長、松浦弥太郎さん『軽くなる生き方』(⬇)に習い、これを機会に、22年来の書類など、ほとんど整理しました。

http://www.koeda-sumiko.net/2013/02/05/7720310/

昨年の8月に断食して、カラダをスッキリさせましたが、この夏は、人生の断捨離という具合です\(^o^)/
書類の一つ一つにいろんな人々の良心が詰まっていました。
成果も沢山、失敗も沢山、、、、。
捨てたことで、みんなアタマとココロにしまったことにしました。

さて、本日より
オフィス小枝スタート

小さな我が家の玄関スペースを
そう呼んでみただけですが、、、。
(左端は、3年前の町内子ども縁日から育ち続けている金魚、4匹)

実は、議員をやめても、相談は途絶えることなく、さらに都議選の余波から、様々な情報が届きます。
さらに、議員であろうとなかろうと、私が大切に思っている、フィールドワークやイベントなども数件あります。
自分が大切に思うことから、一つ一つ丁寧に関わっていきたいと思います。

そして、しばしチルドレン ファーストに

そんなにも、あなたはレモンを待っていた、、というのは、智恵子抄のフレーズだったように思うけれど、
こんなにも子どもたちは、親が振り返る日を待っていたのかと実感する夏でした。

私たち親世代は、生きるだけで精一杯の両親の実情をわきまえていたので、どんなことでも親に依存することなく勝手に決めて勝手に生きてきたという自負があります。親はなくても子は育つ、食べることと寝る場所さえ、保証すれば、子どもは勝手に生きるもんだと希望的観測でそう思っていたのかもしれません。それは、今の子育て環境では通用しないのだと、実は、この5-6年さすがの私も気づいていたのでした。

アタマではわかっていても、性分として、
仕事が優先、政治が優先は変えられず、
子どもにガマンと不安を強いていたようでした。
人生初の、子どもたちとの安定した関わりの中で、
こんなことさえも出来ないの?と、絶望的に頭を抱えることと、
こんなすごいことができるんだ、
いつの間にか、
こんなに成長していたんだね、
との両極端な
驚きの連続でした。
いまこの時がありがたく、
この時を大切にしたい気持ちです。

議会は、9月19日(木)区長の招集挨拶より、決算議会スタートだそうです。24人の議員の皆さんの前向きなお仕事を期待しています。

私も、自由人としての時間を
楽しみつつ、研鑽を積みたいと思います。

2013年9月2日

都議選より
二ヶ月ぶりの小枝でした。

追加で、この夏のフォトグラフ、以下、
上高地、

奥草津、湘南の海です

みなさんは、どんな夏でしたか?