月別アーカイブ 2012年12月25日

著者:すみ子

2012年千代田区議会は百条委員会で終わり!

今年もあと一週間!!

みなさま、本当にまた今年も一年、ふつつかものの私に
お付き合いいただきありがとうございました。
民主党惨敗、自民圧勝に見られるように、予想はしていたものの
ありゃここまでと思う状況です。
都知事選もまた同じ、どちらも、候補者カーのウグイスをかってでるほど
一生懸命やったので、ま、それなりにガッカリです。
選挙というのは不思議なもので、その人の近くにいて演説を聞けば聞くほど
心が入ってしまいます。
そうだ、そうだと。
周囲の人には小枝は惚れっぽいと言われていますが、そうかもしれません。

千代田区議会

さて、今日は実質的に公式議会最終日で、議運と百条委員会。
町会補助金の横領事件から派生して、千代田区に相談に行った人物の名前を
行政あるいは区長が、住民に漏らしたのではないかということを巡る
情報漏洩事件です。
今日は石川区長さんを百条調査権を有する生活福祉委員会で尋問するのだそうで
何とも千代田区らしい政争の風景です。
この件については私は所属の委員ではないし、前回も述べたので、コメントはやめときます。

来年に向けて

二つの大きな選挙を同時にたたかって、私が獲得した考えは3つ。
有言実行になるかどうかわからないので、ちょっと抽象的な表現になりますが
一つは、『草の根』に帰ろう!
これからも議員であるどうかはともかくとして
20年前議員になりたての私は、日頃の街頭演説にミニ集会などもっと草の根だったなと。
それがいつの間にか、議会優先政策優先などといって、七階にこもりぎみだったかなと。

二つ目は、本を読もう!
知ってるつもりはやっぱりダメ。もっともっと本を読み、歴史に学び、考えの違う人異分野の人の話を聞き、視野を広げることです。議員をやっていると、おもしろい人にたくさん出会うのでそれで満足し流されてしまいがちです。今は津田大介氏の『ウェブで政治を動かす』を読んでします。宇都宮弁護士の話に惚れて、先週は彼がモデルとなっている宮部みゆきの『火車』も読みました。『小沢でなければ日本は滅ぶ』なんてのも、、、。(もっとマトモな本読みなさいよってヤジが聞こえそう

著者:すみ子

こえだメール21号(本日第4回定例会終了)より

写真 (3)

みなさん、こんばんは。
今日は、千代田区議会第4回定例会の最終日でした。
石川区長3期目最後の本会議ということで、
会議場には新聞記者さんがいっぱい詰めかけていました。

2つの大きなことがありました。
1つ目は、石川区長の4期目に向けての出馬表明です。
「区議会からの厳しいご意見もいただきながら、区政はこの4年間より良い方向に向かってきた。
さらにこの歩みを進めたい。」というようなことを述べていたと思います。

2つ目は、千代田区による情報漏えいを調査する区議会百条委員会が、12月25日に石川区長を
証人として喚問することにしたとの委員長報告もありました。
明日の新聞各紙はどのように書くのでしょうか。
福祉とコミュニティーを担当する委員会が、町会補助金の横領事件をめぐって、
区長から関連の区議に情報を漏らしたのではないかとする調査なのですが、
このやり方は、かつて都議会で、千代田区選出のU元都議が、石原元知事の浜渦なる秘書が
元都議の利権について新宿選出の新人都議に質問をさせたということについて、
「やらせ質問問題」をめぐり百条委員会をつくり、結局、
元秘書も飛ばし、都議も落選をさせたということがあったのですが、
そのやりかたとうり二つのやり方だと思います。

謀略めいた区政運営ではなく、正々堂々と、明日の千代田区をかたって、勝負してほしいものだと
思います。

結局、補助金のあり方そのものに手を付けなかった石川区政にも問題はありますが
問題の本質にせまらず、言ったか言わないかに終始するやり方も問題です。

ひとまず、2つの大きなダブル選挙の中で、明日の各新聞朝刊都内版にどのように書かれるか、
ご注目くださいませ。

こちらからは、威勢のよい報告はできず、申し訳ありません。
ダブル選挙については、まるで、トライアスロンのような日々をたたかっております。
選挙は、大変ですが、さまざまな人に出会い、マイクをとることで表現し、改めて世論にさらされる
刺激的な場面でもあります。何より出会い再会がたくさんあって、元気がでます。

no title

厳しい状況ですが、どうぞ、それぞれの立場から見守ってください。
私も持てる力を出し切ってがんばります。
小枝