平成最後の選挙が終わる

「選挙も議会も人生の修行」

9CDCF47A-48C6-4653-BDF3-B189EA01F1C5
07F7C0C4-B0B7-4F3B-AF58-311C74CEB398
C421A7CC-AD0D-4C01-94ED-F85169048A34

8回目の自分の選挙が瞬く間に終わった。
(公選法上お礼は言えません。とにもかくにもお騒がせ、そして当選しました。)
以前は、車を出さない、事務所を出さない、とつっぱって過ごしてきた私は、
6年前の都議選を境に、人並みのフルセットで望むようになりました。
落選することの人迷惑を自覚したからです。
それはうるさかったり、人手を煩わせたりと人迷惑なことだけど、
選挙にはプラスなんだということが今さらのように勉強になりました。
なぜって、一人じゃ選挙を回せないからです。
「助けて助けて」と言いまくる。その助けてが支援の輪を広げる。
人に迷惑をかけて、巻き込むことで、そこに地域の情報もついてくる。
人生でこんなに濃密に人と対話する瞬間ってないんじゃないかと思うほど
選挙は濃密な出会いと交流の場であると同時に、
極限まで自分の能力が試される修行の場でもある。

「江戸っ子はやせ我慢だよ、小枝ちゃん」
4代前が駆け落ちして大阪から東京本所に出てきたという小枝の一家は
正確には江戸っ子じゃない?けれど、選挙前、
私の地域の後ろ盾をしてくださる正真正銘の江戸っ子が
おっしゃったこの言葉が私の心に響いて、今回の選挙の支えにもなった。
たくさんの受かって欲しい人がいた。
新人女性たちと男性現職、私の思いを受けて、勝手連総合選対のように
動いてくださった方々がいた。
議会を変えたかった。けれど、そこまではいかなかった。
4000枚のビラはありがたかった。
自分の言いたいことが、伝えやすかった。
選挙という修行が終わり、議会という修行が始まる。
3期目に産んだ男の子が18歳になり、私の朝ごはんを作ってくれた。
2期目に産んだ子は、22歳となり、私の選挙と同時に社会人一年生に。
人生とは不思議な風景だとつくづく思う。
そしていつも試される。お前さんに何ができるのか。
政治は良くなっていない。このままでは子どもたちに申し訳ない。
だから修行は続く、頑張らねば。
2019年平成31年4月26日 小枝すみ子@早朝の自宅にて

C7BFA3E6-075F-4C42-817C-D24B067B7443
81CF2D89-E88B-42E4-8F07-5CA2E81AA190
カテゴリー: Uncategorized | コメントする

あと2日

3519F447-EDAE-482F-A569-63C0A8CA1605

25人の議席に37人が立候補の
千代田区議会議員選挙!

この写真は、旧永田町小学校前、現在は子どもたちの遊び場として開放されています。
どこか遠いところにあるような区議会政治だと思いますが、都議会落選中の2年間も入れると
7期28年間千代田区議会を見てきて、どうして、この建物がここに保存され、ここの広場には
建物が建てなかったのか、ここの民地は区が購入し、ここは買わなかったのか、
その多くに物語があって、区議会の選挙と区長選挙が関わっています。
「明日の千代田区」をどうしたいのか、
毎日仕事で忙しいみなさんも、子育て介護でヘトヘトのみなさんも、
幸福を実感してる方も、ついてないなと思う方も、
みなさんが、日々感じていることの中にとりわけ、「困った」と思うことの中には
区政・都政・国政と関わることがたくさん含まれています。
とりわけ都心をめぐる都市政策は、この30年間、間違え続けています。
税制、都市計画、商工振興支援、金融、景観、教育と文化、
国策がまちがっているのか、区政が国策をあやまらせているのか、
ずっと考え続けていますが、この4年間はそうした思いを同様に抱いていらっしゃる
さまざまな分野の方々の存在を知り、遅ればせながら「出口」が見えた感がありました。

オリンピックの前の危うさが漂う東京ではありますが、
評論していても仕方ありません。
できることをできるだけ、自分の能力の範囲で持てる力を出し切って
がんばるしかありません。

お友達があちこち多数立候補して(私の存在は、人をやる気にさせるのかもしれません)
8年前、3、11東日本大震災直後の444票またもやの最下位2票差という出来事を
思い出させるような状況だと、私の周辺は心配してくれます。

確かに、そう、周辺を友人候補に囲まれ、私は選挙に強いという宣伝が出回っている点では
あの時と同じです。

私としてはそれでも、私、小枝すみ子という「タネビ」は消さないで、
良識があって、志を明らかにしている新人女性たちを一人でも多く
議会に送り込んでくださいとお願いせずにはいられません。
それほどに、次の4年は今後の20年、30年に向けて
とても大切な変化の時を迎えます。

周辺で眠れる獅子たちを起こしていただき、あちこちで奇跡を起こしてください。
よろしくお願いします。

友人に作っていただいた、区政報告ビデオを、音だけでいいのでお聞きになってください。
これを作ったのが4月6日、苦しかった戦場のような信じられない4年間のいったんを
吐き出すことができて、やっと、リセットして次に行ける気持ちになりました。

パート1からパート8まで、
タイトルは以下です。ご視聴ください。

D306F6BE-0B4D-4389-9A7F-B05E4966E8FC

本当なら希望のお裾分けをすべきところ、現実は、やや安心して戻った4年前、
そこで見たものは、
予想外に常軌を逸したとしかいいようのない状況、
正確でない部分もあるかもしれませんが、偽らざるこの4年間の悪夢について
お聞きいただき、危機感を共有し、参考にしていただけたらありがたく思います。

その上で、期間中には、千代田区の未来をできるだけ語りたいと思います。
いまの千代田区どこかおかしい、区議会を変えよう、まっとうな区政を
みんなで取り戻そう、やればできる、「区政を自分ごとに」と訴えたいです。

よろしくお願いします。

2019年(平成31年)4月12日
駿河台の事務所にて

小枝すみ子

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

政治と政策、そして選挙へ

新しい人、無所属の人、
とりわけ女性が出馬しにくい
議会というところ 

IMG_6743

平成最後と言われる、
 統一地方選挙が始まり、
朝のテレビニュースで毎日のように
地方議会特集が報道されています。

全国の2割に女性議員ゼロ、全体でも1割ちょっと
190カ国中165位、世界の異端児となっている。

気がつけば28年

IMG_6733
FE250620-0C34-4AE0-8C55-A39F16DB9AFB
IMG_6751

27歳で千代田区職をやめて立候補、
31歳で結婚、出産、その子たちがもう大学生と社会人
49歳で都議選出馬、みごと落選
それから2年間の余白を過ごし、この4年間区議に返り咲き、
ごくごく凡人の私だが、区民の声に耳を傾け、できることはみなやってきたという自負はあり、また、教え育てくださる方が多い、ただならぬ良質な出会いが多いというのはこの千代田区ならではのことなのだろうと思う日々。困った時は街に聞け、その半分しか実現改善できていないが、逆にいうとその半分はできている。

二人目出産後の、区長選区議補選のあとは、体調を壊し、代表質問のあと入院という憂き目にもあった。母乳を選挙事務所のカーテンの中で絞りながら、大きな選挙の事務局長を仕切ったり、全国や地域やさまざまなネットワークや経験者にお世話になり、私は実力もないのに、そうした思いはあるが政治はできないという人たちに突き動かされて保存運動のように議席保存されてきたのだと思う。

区政はなかなか良くならない、福祉や環境の細目は増え、まちづくりでもメニューは豊富になった。
けれど、都心は利益の最大化ばかり目指して、もっとも大切なもの、日本経済のもとともなっているようなものさえも失う方向に向かっているように思う。

政治と選挙と政策と・・・
このバランスがもっとも大事。政治と政策は大好きなのですが、
選挙は苦手中の苦手てで、スイッチがはいるまで時間がかかる。
消えないのが不思議なくらいです。今回も小枝さん「出ないの?」と聞かれてしまいます。
これまで、車も出さない、事務所も出さない(時には電話も置かない)
自転車でやります、を売りにしてきましたが、それはさすがにダメとのことで、
わたしには出来すぎた事務所をオープンしました。クルマも準備できそうです。
近々ご案内できるかと思います。

C6831152-5FB0-4C87-8889-16133915B8B9

あらゆるグッズがほとんど整ったところで、
さていよいよ街に出ることができます。
引き続きご指導よろしくお願いします。

2019年(平成31年)3月28日
小枝すみ子@駿河台にできた新事務所にて

4EB37E48-FBB8-407B-82C7-810203168D3B
カテゴリー: Uncategorized | コメントする

区民の想いと文化財が実は損壊していた。この事実の問題の根源は?

文化庁が文化財保護法の改正(平成30年法律第42号)を受けて、石川区長が千代田区の教育委員会から地域振興部に事務の職務権限の移管を行う議案を平成31年2月、千代田区議会今定例会に提出しました。小枝すみ子が現在から過去に遡り文化財保護の観点からあるべきでなかった事実について追求し白日の下に晒した。いったん立ち止まりあるべき姿に戻すべきといった思いが伝わった結果、区長は議案を取り下げ、議会は附帯決議を付すことに決した。

戦後、昭和時代において千代田区民は様々な理由から文化的価値のある各個人の遺産をその保存と将来への継承を求め千代田区へと寄付してきた。千代田区はその適正な保存の為に博物館法に基づき教育委員会管理のもと、千代田区立四番町歴史民俗資料館にて適切に保管してきた。歴史民俗資料館は展示のみならず各種資料や美術品等の保管に適した施設を備えている為、保存設備に問題は無かった。

千代田区立四番町歴史民俗資料館

平成21年に、都立日比谷図書館が東京都から千代田区に移管されると石川区長の提言により文化財の管理職務権限を、教育委員会から、地域振興部に補助執行させることとさせ、同時に歴史民俗資料館に保存されてきた資料など有形の文化財を日比谷図書文化館に移動することになった。

このとき議会への説明では、移動対象は「一部」だったが実際にはその「全て」が対象とされた。議会での説明以後はとりあげられることも殆ど無く、多分あったであろう学芸員たちの声も反映することもなく時間が経過してきた。

日比谷図書文化館

石川区長が選任する教育委員会は子供教育専門の人選となっていたことも手伝って、地域振興部(人事は石川区長の采配による)に一任されてきたかたちをとっていたのだが、その実、地域振興部のもと、適正かつ適法な保存方法での各資料保存が日比谷図書文化館において行えなかった結果、資料の一部は朽ち、破れ、カビが発生するなどいわゆる不適切な状態と化していた(古今和歌集等含む)

このような事実があったまま体制のあるべき姿を模索や見直しをすることなく単純に地域振興部に管理を移管しても本来行われるべき価値の保護・保存に疑問が残る。文化財の保存と継承をおこなうべく、文化財総合調査を計画的に実施、収蔵庫敷設の博物館法に基づく施設整備のため財源を確保、文化財保護審議会の機能強化を区議会として決議しました。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

補正予算に賛成できない理由(2/25深夜の議場討論より)

わたしは今回の平成30年度一般会計補正予算第2号に反対の立場から討論をいたします。


お茶の水小学校・幼稚園仮校園舎の整備予算を含むこの度の補正予算ではありますが、大変問題が大きすぎる他の案件について飲み込むことができないことから、賛成をすることはできません。


今回私たちに示された補正予算には監査委員から5億円余の追加工事について違法状態との指摘をされた「(仮称)区立麹町仮住宅の整備」に関する債務負担行為補正が含まれております。本日の議論の大部分をこれに費やしました。


これは計画発表以降、議会からも平河町エリアの住民からも「地域の意向調査をして欲しい」との再三の、要望、陳情を受けながら区としてこれを誠実に行わずに進めてきたことに起因しています。


そもそもは四番町における日本テレビ所有地を区長が無償で借り受け、これを平成35年3月までに変換するという約束に拘束される形で、本日のような異例の即日採決のようなことを繰り返してきたゆえに複雑怪奇な計画となってしまいました。


その結果、実は当該平河町エリアがもっとも切望していたものが、東京メトロ永田町4番出口の混雑状況のあまりの危険な実情に対し、その出口を必要としていたという、地域では十分に認識されていたことが行政は気づかないままに、平成28年度仮住宅の設計を完了しフィックスした後にこれをあとづけで行い、区議会の議決を経ずに5億円を超える契約を違法に行ったということです。


嘆かわしいことは、平河町地区のたった一人の住民女性によって昨年末に監査請求を起こされ、監査委員から議決のない一年に対する違法性を指摘されて今回後づけで区議会に補正予算を求めてきているということです。


つまり一通の監査請求がなければ、行政は区議会に当分議決を求める意志もなく、法律遵守の意識がなかったことは昨年の決算審査の議事録を見ていただければ明らかです。区議会のチェック能力も問われています。


地域住民にとって最も必要なものは、東京メトロの出入り口とバリアフリー化であることを考えれば、四番町の保育園無償貸付問題の期限から派生した平河町仮住宅計画は、現在東京メトロとの文書による協定もしくはそれに代わる担保がない以上、5億円以上かけて追加工事によって仮住宅の地下に地下鉄のうけぐちを作っても、貝坂通りの地下通通路が、いつまでに、どのくらいの金額を要するのかも何ら見通しがたたない状況です。


現在はオリンピックパラリンピックによって地下鉄工事のバリアフリー化工事は動きが取れない状況とのこと。このままいくらかかるかいつまでかかるかわからない工事に突き進むのではなく、地下鉄のバリアフリー工事を中心にすえて、図書館や区民が求める穏やかで文化的な空間をつくる方向で、この計画をみなおすことが、区民や次世代の子供達にとっても、区民にこれ以上の無意味で莫大なリスクを押し付けない今取りうる最良の判断と考え、補正予算に反対する。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする