補正予算に賛成できない理由(2/25深夜の議場討論より)

わたしは今回の平成30年度一般会計補正予算第2号に反対の立場から討論をいたします。


お茶の水小学校・幼稚園仮校園舎の整備予算を含むこの度の補正予算ではありますが、大変問題が大きすぎる他の案件について飲み込むことができないことから、賛成をすることはできません。


今回私たちに示された補正予算には監査委員から5億円余の追加工事について違法状態との指摘をされた「(仮称)区立麹町仮住宅の整備」に関する債務負担行為補正が含まれております。本日の議論の大部分をこれに費やしました。


これは計画発表以降、議会からも平河町エリアの住民からも「地域の意向調査をして欲しい」との再三の、要望、陳情を受けながら区としてこれを誠実に行わずに進めてきたことに起因しています。


そもそもは四番町における日本テレビ所有地を区長が無償で借り受け、これを平成35年3月までに変換するという約束に拘束される形で、本日のような異例の即日採決のようなことを繰り返してきたゆえに複雑怪奇な計画となってしまいました。


その結果、実は当該平河町エリアがもっとも切望していたものが、東京メトロ永田町4番出口の混雑状況のあまりの危険な実情に対し、その出口を必要としていたという、地域では十分に認識されていたことが行政は気づかないままに、平成28年度仮住宅の設計を完了しフィックスした後にこれをあとづけで行い、区議会の議決を経ずに5億円を超える契約を違法に行ったということです。


嘆かわしいことは、平河町地区のたった一人の住民女性によって昨年末に監査請求を起こされ、監査委員から議決のない一年に対する違法性を指摘されて今回後づけで区議会に補正予算を求めてきているということです。


つまり一通の監査請求がなければ、行政は区議会に当分議決を求める意志もなく、法律遵守の意識がなかったことは昨年の決算審査の議事録を見ていただければ明らかです。区議会のチェック能力も問われています。


地域住民にとって最も必要なものは、東京メトロの出入り口とバリアフリー化であることを考えれば、四番町の保育園無償貸付問題の期限から派生した平河町仮住宅計画は、現在東京メトロとの文書による協定もしくはそれに代わる担保がない以上、5億円以上かけて追加工事によって仮住宅の地下に地下鉄のうけぐちを作っても、貝坂通りの地下通通路が、いつまでに、どのくらいの金額を要するのかも何ら見通しがたたない状況です。


現在はオリンピックパラリンピックによって地下鉄工事のバリアフリー化工事は動きが取れない状況とのこと。このままいくらかかるかいつまでかかるかわからない工事に突き進むのではなく、地下鉄のバリアフリー工事を中心にすえて、図書館や区民が求める穏やかで文化的な空間をつくる方向で、この計画をみなおすことが、区民や次世代の子供達にとっても、区民にこれ以上の無意味で莫大なリスクを押し付けない今取りうる最良の判断と考え、補正予算に反対する。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

新年いかがお過ごしですか?

ちよだの声ニュース13号を、事務所のみんなで作りました。

うれしいことに全
全員が、女性です。
これじゃ伝わらない、ここが大切アンダーラインだよねと、

まだまだ改良の余地ありかもしれませんが、
たった4ページの中に「今伝えたいこと」のほとんどを盛り込みました。
ご覧になってご意見いただければとてもありがたいです。

3BAD6FB8-765D-4138-9EE5-563F5ACC143F
AB61D285-A650-41F9-B060-92D6850427B5

1月1日の朝は皇居マラソンから

F8A401DA-EFF9-4676-B8EB-2ED525622E8C
8ED2C3BA-4542-4FAF-8EED-4C51F5CAF1AF
54441C2F-C6EA-4D2B-9EB6-60ED3BF069D2
491C5F42-4C98-4C25-8BD5-EE5D9785E966

正月早々、ノーメイク顔ですみません。

本日1月2日は母たちが住む朝の千葉ニュータウンを走りました。
以前に、友人のボクシングの試合を応援に行って、自らを重ねて思うことがありました。議会や委員会において、私のような少数派は孤独な戦いを強いられることが少なくありません。味方を増やしたくても政治というのは特殊分野(それ自体がおかしい)、立派な人ほど選挙をくぐり抜けてきません。

30年近い議員の生活に、孤独で、がんばればがんばるほど敵が増えて嫌がらせもうけるようなところで何をしているのかと思うことがあるのですが、
自ら手を挙げてリングに上った、腹をくくってできることをできるだけやればいいじゃないかと、そう思ったら、なんだか気がラクになって、自然体で、ありのままで、いいじゃないかと思うようになりました。

どうぞ、今年もよろしくお願いします。

2019年平成31年1月2日

千代田区議会議員  小枝すみ子

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

ちよだの声ニュース平成31年(2019年)新年号をお届けします!

ちよだの声ニュース平成31年(2019年)新年号
カテゴリー: Uncategorized | タグ: , , | コメントする

締めくくりの区政報告会です

「千代田区のこれから」

森山さんチラシ
大風呂敷のテーマで恐縮です。
が、私にとっていま一番気になるテーマが
これです。人口減少で地方は消滅する自治体が出ているというのに、都心は床面積拡大の一途で、方向転換がなかなかできません。

「敷地に価値なし、エリアに価値あり」とするリノベーション型まちづくりにシフトすることが、都心のまちを、早期に活性化する策だという主張に私は心から共感した一年でした。

もちろん、再開発を否定はしません。より良い町並みをつくるための開発は大いにあるべきですし、代官山や表参道、銀座など苦心し一致団結しながら、物量頼みでない開発を誘導しているのに、千代田区はなんだかなあと思うことが、残念ながら多いというのが実感です。

今年を締めくくるのに、建築という専門分野を一般の国民にわかりやすい表現でお話をしてくださる、建築ジャーナリストの森山高至さんをお呼びしました。

私自身が頭の中を整理し、そして、今後のまちづくりを考えるそんな場を持てることに感謝いたします。出張所がとれず、民間の事務所をお借りしましたが、初のこころみとなり、それもちょっと楽しみです。

支えてくださった皆さんに感謝です

都内大学で1991年(私が初当選の時)からのまちづくりの取り組みについて話して欲しいというお招きあり、尊敬する学者さんたちの前で、振り返り振り返りお話をさせていただきました。
私のように、都市計画や建築の分野にかかわり続けている議員は、珍しいとのことで、建築学会、都市計画学会などでも招かれ発言し、素人ながらに発言や対談など、可能な限り受けてきました。
力不足ではありましたが、私がしつこく定点観測的に続けてきた特殊分野であることは間違えないようです。
今年はこの点で大当たり年でした。なぜなら、私が、定点観測しながら会いたかったキーマン(行政、学者、住民、経営者など)に、つぶさにあえた年だったからです。都市計画という分野を担う議員がいないのは、選挙的には正直不利だからです。
そんなことに食いついて、ろくろく選挙もまともにやらない私の議席を、何らかの理由で
守ってきてくださった区民、関係者に感謝するほかありません。

住民の中にも、昨今の千代田区の状況に危機感を抱く住民も増えてきた。
来年は何かが起きそうです。楽しみ楽しみ。
新しい議会へ、どんどん変える力を蓄えていただきたい。
平成31年に希望を託します。

現在の都市計画法ができてからちょうど50年、
適切な制度に作り直す、大きなテーブルが必要です。
皇居周辺の変化を示す都市計画年表と
住民とともに考えるためにつくった千代田区まちづくりマンガ
いずれも古いですが貼り付けます。
都市計画年表まちづくりマンガ新

平成30年12月10日 小枝すみ子@九段下

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

昨日、議会最終日の討論

昨日で、いわゆる決算議会が終わりました。
私の最大論点は、日テレ通り沿道まちづくりと、
100億円以上予算を投じてもまだ見通しがたたない
四番町平河町の公共施設の出直しリセットこそ区民利益ではないか
との論点で臨みました。
トップダウン型のツメの甘い公共事業が蔓延しています。
その全容が把握できたという点では有意義な決算でした。

が、区議会全体の最大の山は、
債権(長年の貸付金)の金額が、台帳と決算書が300万円違っていた
ことを巡る論争でした。もちろんこれも重要なこと、
私なりに勉強してみての本会議場討論は以下です。

小枝

http://www.kensakusystem.jp/chiyoda-vod/default.html

検索ワード「小枝すみ子」「討論」で検索してください。
ただし、アップされるのには一週間ほどかかります。

議員提出議案第7号

『監査請求に関する決議』に賛成の立場から討論いたします。

この度、監査委員から指摘をされた「債権額の不整合」に関しては、大きく2つの論点があると私は考えます。

1つは、債権管理のあり方の問題、もう1つは、地方自治法に定める「決算に関する書類」のとらえ方についてです。

 

総括質疑の中で、

石川区長は、生業貸付金の債権額の不整合について反省の弁を述べられるとともに「今年度中に適正な債権額と収入未済額を把握する。」と述べられました。

すなわち「財産に関する調書」にある「決算年度末現在額」30,298,760円と「生業資金貸付金元利収入」の収入未済額27,116,680円は、監査委員が指摘する通り一致していないというだけでなく、いずれの金額も適正でないとのことです。

平成30年10月1日付けの決算総括委員会資料によれば、貸付台帳上確認した金額が、いずれとも違う第三の数字、28,009,400円ということが示されたわけですが、この数字もまだ今後どうなるかわからないとの説明が決算総括最終日に示されたままの状況にあります。

 

監査委員指摘の約300万円の差額もしくは、200万円の差額については、実際にあると思っていた債権の額よりも、本当は少なかったということですので、いつの時点で、どのようにして、そうした誤差が生じたのか、第三者性、客観性をもって調査し、区民に明らかにしなければ、信頼回復の道にはたどり着かないものと考えます。

平成28年10月、和紙アート購入と千代田会館10階改修工事に関してもろもろ不透明であるという議会の指摘により、地方自治法第 98 条第 2 項の規定に基づく監査を求めたところ、「説明資料など意思決定過程が一切ないこと」等が詳細な調査のもとで明らかになり、「このようなことは二度とないよう強く要望する」との報告書が出されたことでやっと仕切り直しとなりました。内部で確認しても、このような結論が出ることはありえませんでした。今回もこれらと同様か、もしくは「あるはずの債権がない」という点では、もっと深刻な事例となってあらわれていると私は思います。

 

質疑の中で、生業資金貸付金を本人が返済しない場合、連帯保証人に返済させた事例があるとの答弁もあったわけですが、催告、承認など簡易にできる「時効の中断」手続きさえもせず「時効の援用」あるいは「償還免除」等の判断をして処理をしている、そうした個々対応を行い判断しているということは、公平公正な区政運営をはるかに逸脱しています。生活困窮の中でも返済を完了した方、あるいは連帯保証人として返済した方から見たらどのように見えるでしょう。困窮する住民に寄り添う福祉は今後一層求められるところですが、それらは他自治体のように「債権管理条例」など定め、生活再建の支援策と合わせて公平公正に行うべきものです。

 

また、会計管理者が主張するところの、付属資料は違っていても調定額は行政が判断するものなので、決算上の問題はないとする答弁も、不誠実です。調定額・収入未済額に誤りがあるなら、その積み上げである「諸収入」すなわち、決算議案にも影響があるはずです。

修正経験のある他の自治体に伺ってみると、決算議案とは法律に基づき①「各会計歳入歳出決算書」②「事項別明細書」③「実質収支に関する調書」④「財産に関する調書」の4点。地方自治法233条5項と地方自治法施行令166条に基づく書類として、法定の書類であると説明をし、誤りある場合の修正の手順手続きについてもご教示くださいました。

私としては当初、決算の修正もしくは出し直しのような手続きになっていくものと見守っていましたが、かけ離れた認識であることに危惧を感じること、私の周辺の区民の認識は私よりもっと厳しいと感じることから、このたびの「監査請求に関する決議」に賛成をいたします。(コエダ)

 

カテゴリー: Uncategorized | コメントする