急いで、改善して、様々な声を受け!

「DV・虐待相談強化」など緊急要望

ー1人会派知恵を合わせて再々度「緊急要望」出しましたーHERP‼️改善すべき!皆さんのお声をお寄せください。地域を超えて支え合いのネットワークも広がっています。あきらめずに、道を探しましょう。

小枝すみ子090-5506-1516
sumikokoeda@gmail.com

IMG_2556

緊急要望は以下です。↓

2020年(令和2年)4月20日

千代田区長(新型コロナウイルス感染症対策本部長)

    石川雅巳 様

千代田区議会議長(区議会災害対策支援本部長)

    小林たかや様

千代田を紡ぐ会 長谷川みえこ

ちよだの声   小枝すみ子

立民新生ちよだ 岩田かずひと

保健所はじめ、福祉・保育・清掃・土木、それら現場を支える自治体職員のみなさまに敬意を表します。長引く新型コロナ自粛要請のなかで、もっとも区民に身近な職員がいまできること、やっていただいたらよいのではないかということをまとめました。私たちとしては3回目の文書による申し入れです。どうかご検討のほどお願い申し上げます。

【千代田区として】

1. DV、児童虐待対策の強化を。・・・広報広聴課・児家セン・男女平等人権課

世界的にコロナ自粛に伴うDVと虐待が激増している。

内閣府男女共同参画局としてDV相談ダイヤルナビおよびDV相談+(プラス)を開始した。

●DV相談ダイヤルナビをはじめ、ミュウの女性相談と児童家庭支援センターの連絡先を、

早急に、コロナ対応のトップページに掲載してください。

●その他あらゆる方法で、相談窓口のわかりやすいアナウンスを。

2.出張所等にマスクポスト設置。・・・地域振興部出張所

自粛が長引く中、思いやりと優しさを表現したい時。

●ストックヤードがあるところと出張所に、「マスクポスト」を置いてはどうか。

(ただし開封前のもの) 

●余ったものを必要な人困っている人にさしあげてはどうか。

●出張所が地域のSOS、お困りごとコンシェルジュになる。

3.買い物弱者への支援・・・社会福祉協議会・保健福祉部

●ウーバーや宅配を使えないお年寄りや子どもたちのために、買い物ボランティアをしてくださる方を社会福祉協議会に登録し、ふたばサービス同様の時給を千代田区が支払う。もしくはすでにあるサービスをもっと使えるようにする。

●一人住まいの高齢者の安否確認を。

4.子どもたちの食事支援・・・子ども部・政経部(施設経営課)・地域振興部(総合窓口)

給食がなくなり、十分な食事が食べられない子どもがいる。

しかし、千代田区には子ども食堂は少なく、子どものための宅配も見当たらない。

●たとえば、区内の子どもたちに千代田区役所10階の食券を配布し、一階のパン屋さんでも使えるようにする。

●もしくは、区内のお店で子どもに無料で食事を提供してくださるお店(事前に登録)に、区が食事代金を支払う。

5.子どもたちの在宅学習支援・・・子ども部・政経部(IT推進課)

●必要とする子どもへのインターネット及びファックス等を利用した個別学習支援。

●まず可能なところ=IT推進校からオンライン授業の試行を(昌平小や神田一橋中など)。

●必要に応じて自宅のWi-Fi環境の支援。タブレットの貸し出し。

6.掲示板の有効活用・・・広報広聴課

●保健所のチラシ、緊急融資(国・都の各種助成金、協力金含む)、生活支援のほか、子どもと女性の相談窓口もわかりやすく掲示する。

●社会福祉協議会が行っている緊急貸付資金(20万円以内)等についても、掲示板に大きく掲示する。

7.区ホームページを、さらに見やすく・・・広報広聴課

  ●ホームページは情報を必要とする区民が一番初めにアクセスするものです。一刻も早く時々刻々と変化する新型コロナに関する情報を、区民にお伝えできるように、ホームページを改定してください。

●区民の関心の高いもの順・時系列順に区民がワンクリックで情報にたどりつけるよう、より一層の工夫を。

●チャットやラインの活用など多世代がアクセスできるよう、さらなる工夫を。

  (港区渋谷区参照)

8. PCR検査体制の強化について・・・保健福祉部・環境まちづくり部

医療機関と連携し検査体制の強化を図られることについて賛同します。

●一方、区役所付近はさまざまな相談にくる高齢者・遊び場利用の子どもたちの導線等に配慮し、開始後様子を見ながら俎板橋児童遊園や牛が淵沿いの遊歩道など、人々の往来が少ないところでの実施が可能か、一層スムーズかつ安全な体制の検討をお願いします。

●感染拡大の防止については、専門性ある医療機関の協力すなわち医師会の協力が欠かせない。対策本部のメンバーに医師会の代表者もお入りいただいてはどうか。

9.防災行政無線が聞こえないという不安について・・・広報広聴課・災害対策危機管理課

●10時と6時のアナウンスが聞こえないという不安が多数聞こえます。大切なメッセージが送られた時に聞こえないとあっては大変不安です。それらを解消するとともに、当面は「防災無線ダイヤル03-3237-9222」で確認できることを、わかりやすく広報してください。

10.新型コロナによる経済保障・経済復旧・医療・教育・福祉に全力をあげ、不要不急の公共事業は凍結してください。・・・環境まちづくり推進部・政経部施設経営課

●新型コロナ自粛中に、区民への説明を省いて、職員と事業者のリモートワークで公共事業を推進するようなことはしないでください。

11.民間事業者による解体建築現場の自粛について・・・環境まちづくり部

●二番町日テレスタジオの解体など、政府から接触の8割減を要請され子どもたちも含め、在宅を余儀なくされている中で、区民が苦情を申し述べるいとまもなく、激しい解体事業が日々行われています。また、区内様々なエリアにおいて、区民との調整途中の建設事業が強行されるのではないかとの不安が覆っています。行政はそうした地域住民の不安に寄り添い事業者を指導してください。

●建築現場はまさに3密の状態であり、すでに大手建設会社の現場において新型コロナによる死者が出ているなどの報道もある。区民の平穏で安全な暮らしを維持するため、建築解体の自粛を要請してください。

【国や東京都への要請事項】

現在の新型コロナに伴うさまざまな過酷な事態は日本政府=国が挙げて、国民の暮らしといのちを守るべき時です。

●新型インフルエンザ等対策特別措置法第70条≪国は、前条に定めるもののほか、予防接種の実施その他新型インフルエンザ等緊急事態に対処するために地方公共団体が支弁する費用に対し、必要な財政上の措置を講ずるものとする。≫に基づき、中小零細企業・個人事業主に対する休業補償(支援金・協力金)と都民への生活保障に対し、国が積極的に財政出動するよう要請してください。

●生活保護受給に伴う資産要件を緩和すべく、国に要請してください。

●東京都においては感染拡大の状況が止まらず、医療崩壊が叫ばれています。多くの都民区民が、外出自粛を求められ、自宅マンション等で過ごす時間が増える中、解体建築などの工事現場は依然として激しい騒音振動を響かせながら、動きが止まることはありません。日曜祝日の工事は実施しないことが通常であり、現在自粛を求められる都民区民にとって、リモートワークや学校休校で家族が在宅している状況にあり、そのような中で建設事業による大騒音は受忍限度を超えています。また、建築現場でのコロナ感染、それに伴う死者も出ていることから、建設工事の自粛を国と東京都に要請してください。

以 上

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

新型コロナ緊急事態宣言にあたり(4月8日の朝に)

🟧苦しいな困ったなということ

🌟どこに相談したらいいのだろうかということなど、躊躇なくご連絡下さい。

1)小枝の携帯電話09055061516・・・非通知の場合は出られない場合もあります。留守電を残してください。

2)メールはsumikokoeda@gmail.com

3)ファックス03−3237−9805区役所ちよだの声控え室

4)ほかLINE、Facebook、SNSなどつながりやすい方法でアクセスしてください。

※千代田区議会は2月28日の一般質問の日、政府の一斉休校方針を踏まえ「区議会災害対策支援本部」を設置し、25人の区議が五月雨式に要請を行うことで現場を混乱させずることのないように、いったん議会で集約して千代田区対策本部に申し入れるという方法をとるという方式になりました。

以来、区民の方からの情報や議会同室者の女性議員とも相談し、口頭・メール・メモ・文章で、幾度も議会に申し入れを行い、多くは改善され、いくつかは改善途上です。誤った情報に翻弄されることもあり、まずは、相談、協議、確認しながら進むことは、このようないのちに関わる状況においては重要なことだと実感しています。

※わたしは千代田区議ですので千代田区のことだと力になりやすいですし解決策を見出しやすいですが、他区の相談も時々ありますが知り合いにつなぐなどして、対応につながることもあります。

※病院従事される方、学校や学童の先生、保健所をはじめとする区の職員も、命懸けで、パンク状態で日夜対応されています。一方、休めば困窮が目に見えている自営業者やアルバイトの子どもたち、家庭内で増えるDVや虐待、回路があるものはそこに、ないものは社会的に生み出す、いまさまざまな社会的な動きが始まっています。

※まずは、いのち優先で、次に社会的改良の力を蓄えましょう。


🟧まずは孤立をしない、つながることから


⭐️離れていても顔が見えるってやっぱり大事だよねということで、3月21日ネットに強い友人にお願いして、ズームzoomなるオンライン会議の設定をしてもらいました。

まだ試行ですが、4月25日には、神保町の事務所に種子法の改正で食の安全が脅かされると警鐘を鳴らし続ける第一人者をお呼びして、集まらない区政報告会を企画しています。zoom会議の試行でもあります。

2メートル以上離れて、風通しを良くして、参加したい方は事前登録を行うなどして、試してみます。民間ではあたりまえなのに・・、お恥ずかしいですが、しかし、どこからでも始まりと思っています。スマホさえあれば繋がれます。成功したら、続けてどんどんやりますので、どうか繋がってください。

ズームの問題もあるようですが、どのような問題も乗り越え可能だと思います。また、学校の先生方にもこうした仕組みを一刻もはやく導入して、子どもたちと離れていても顔の見える指導ができれば、先生方の負担が取り除けて、子どもたちの寂しさ親の不安も解消されるはずと要求しています。


🟧民主主義を手放すわけには・・いかない

🌟火事場泥棒といっては叱られるでしょうが、こういうドサクサに紛れて不要不急の公共事業を強行することがヨクあります。

人類史上、かつてない、民主主義の力の弱まり、そうした中で、私たちは豊かさを実感できない社会に追いやられてきたと思います。生産力が拡大して、平等公平な社会なら、弱気を助けて、支え合える社会であるはずなのに。。

千代田区の予算、ひどいものをいくつも含んでいます。どんな状況下にあっても、あってはならないことを明かにしないわけにはいきません。

国においても東京都においても千代田区においても同様です。

🌟詳細はまた、たとえば150億円にもふくらんだ四番町公共施設の建て替えについて、コロナだから説明会はできません、ご意見お知らせくださいなどと言って、粛々と進めようということになったら大変なことになります。こおうした建設事業だけはネット会議で進めるとのことです。それこそ、犠牲者が出てしまいます。

🌟百条が設置された「区長によるマンション転がし事件」についても同じです。名を名乗らない怪文書が千代田区中にばらまかれています。千代田区というのは思えば30年らいずっと汚らしい闇政治が覆っていました。どうかみなさん、家にいてもできることあります。

ファックス一枚でもいいので、「説明会を省略して進めるな」と送ってください。あきらめないで。


2020年4月8日駿河台にて
小枝すみ子
※私は保菌者ではないかと2月くらいから不安でなりませんでしたが、どうもそういうことはなく、元気です。日常は、九段下の区議会7階と、神保町の事務所に滞在しています。まずは、近況のみにて。
https://gikai-chiyoda-tokyo.jp/

https://www.city.chiyoda.lg.jp/index.html

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

外出自粛の大雪の日に(その3)

IMG_2289
IMG_2290

🌟百条委員会についての振り返り

いろいろなことが急激に起きています。3月11日の本会議の模様を紹介した日経新聞を以下に貼り付けます。↓https://r.nikkei.com/article/DGXMZO56668810R10C20A3L83000

 企画総務委員会のメンバーは、早尾委員長(自)米田副委員長(公)小林た(自)木村(共)桜井(自)林(自)うがい(自)小枝(声)岩田(立)
です。
 この問題は、木村議員が平成29年予算委員会の時から何度かとりあげ、その時点でライオンズ→三菱地所→住友不動産→三井不動産で4棟目、しかも私の友人たちがあれだけ異議申し立てしながら、千代田区の計り知れない肩入れで、なんと410%の容積率のエリアに930%の容積緩和をしたさくらテラスのもっとも高額な物件を家族で購入したという話。それも4棟目、それもすでに転売したと!あの時点で百条委員会と言えなくもなかったのでしょうが、事務執行との関連で立証するとなるといささか困難かもと思われました。


その時の小枝通信52号を以下に貼り付けます。

FullSizeRender

8割増は間違えで、本当はもっと大きい12割マシでした‼️

FullSizeRender

 こうした疑惑論争がふつふつとあったにもかかわらず、九段小学校がリノベーションで従来通りに復活した時(ここも当初は小学校を全部解体の予定だった)、誰彼となく、背後にある新築マンションも区長が購入したと聞き、私は正直まさか・・と耳を疑いました。
 そのことを、木村さんが詳細な調査の上で明らかにしたのが今回の予算委員会でした。私からの久々の緊急傍聴の呼びかけにたくさんの方が駆けつけてくださってありがとうございました。高齢家族がいるのでと行きたいが傍聴に行けないという方もいらっしゃいました。早く委員会もインターネット中継になるといいですね。

 そうした張り詰めた緊張感の中で、百条委員会の設置が提案され、本会議で全会一致で可決(公明さんと都民ファさんは退席)しました。すべてニュースで報道されています。
3月25日 企画総務委員会に98条検査権と100条調査権が付与され調査を開始することが決まりました。千代田区番町エリアのマンションはいまでも必ず値上がりすることから、購入希望者が殺到するのでそのほとんどが抽選です。
 値上がりが確実である不動産を、都市開発や容積緩和の権限を持つ千代田区長が優先的に購入したということに問題がないはずがありません。これが値上がり確実の株ならわかりやすい話です。
 株ではなくて、ことがらが難しい不動産や都市計画に絡むことであるがゆえに、議会では紐解けないだろうとご本人も周辺もタカを括っているようです。このように繰り返される区内不動産購入について「知らなかった」と繰り返す区長です。それですまされるのかどうか、そして近年、あまりにも異常で異様な開発緩和が千代田区中で起きているので、これも東京都や国のせいにして千代田区がやったのではないというのですが・・。どうでしょう。


最近は、ついつい優秀な区議たちの質問に聞き惚れてしまうのですが、それでは自己の責任が果たせませんので以後は全力で真相解明につとめてまいります。


2020年3月29日 外出自粛の日曜日の夕刻に

コエダ@神保町にて

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

外出自粛の大雪の日に(その2)

FullSizeRender
FullSizeRender

🌟(仮称)四番町公共施設について

http://www.kensakusystem.jp/chiyoda-vod/cgi-bin4/GetHTML.exe?1thcp5or1yry69xm75/R020228TEIREI.html/0/10/1/0/0#hit1

千代田区議会のホームページにインターネット中継があります。
四番町公共施設問題は、あまりに内容が混み入っていて、私のようにしつこくしつこく4年間追いかけてきたものでないと(木村区議と自民の数名は別にして)もう誰もついてこられないほど、内容が複雑になってしまっていました。

「みなさんの町の公共施設、図書館もある保育園もある、とっても身近な公共施設をどうしたいですか?という投げかけも、区民に堂々とした説明も、一度も行わないまま強行されて、当初の予算の2倍近くに膨れ上がってしまったこの計画の契約議案がこの予算議会に出るというので、私としてはもう手の打ちようがないなと、最後に、多くの人が今後この問題の本質や背景について手がかりをつかめるように、パワーポイントによる紙芝居みたいにというイメージで質問を作りました。

うまくいったかどうかはわかりませんが、たったの10分ですので、試しにご覧になって下さい。 

わたしから見ると「新国立競技場問題」と似ている。

本当ならまだまだ使える国立競技場(1964年の平和の祭典のレガシー、学徒出陣の舞台となった戦跡)を壊し→当初1300億円を提示してムリやりコンペ→ザハ案が工事不能でキャンセル→2520億円まで膨れ上がった上に、猛暑によって、マラソンは札幌→コロナで一年延期になるという事態。

でも誰にも止められなかった。

当時、「異議あり」ノロシを挙げてくださったのは、森まゆみさんをはじめとする10人の女性たち。わかりやすいブックレットにまとまったものが、私の事務所にあります。国から地方まで、トップがあまりにもずさんで呑気で自分のお金じゃないのでいくらどんなに無駄になってもまったく涼しい顔で、お詫びなんて考えもしない。これじゃお天道さまが怒る。

どうようのことが、葛西臨海水族館の30年にして解体新築問題(小池都政)、

国立劇場建替えhttps://www.kentsu.co.jp/webnews/view.asp?cd=191224500063&area=1&yyyy=0&pub=1
そして、築地の開発・・・。

ようは、デベロッパーや連なって開発したい規制緩和派が政治家と一緒になって構想をねり、絶対に賛成する人たちを有識者会議にならべ、反対というと次に採用してもらえないと思う上昇志向の有識者がそれを追認して重しをあたえ、国民は忙しいから放置する。


それでも、大自民党が「小池さんでいいんじゃないか」と言えば、それで7月5日の都知事選は小池さんで決まり。そして、小池さんが「石川さんでいいんじゃない」といえば、来年2021年1月31日?の区長選挙では石川さんに決まり・・。民主主義なんてどこにもないんじゃないかと・・・。
そしてまた、どんどんどんどん使えるものを壊して、規制緩和して開発して、魅力のない無味乾燥な千代田区になっていくことに止める方法はもうないのかなあと・・。
思っていたところに、木村議員さんが長年追いかけてきて、わたしも小枝通信等で注目してきた案件が、炸裂したのが今定例会の最大のトピックでした。これについてはまた次・・とします。


ここでは、どうか、四番町公共施設問題、10年計画、ちよだみらいプロジェクトでは50億円と見積もってその後80億円としていた計画がいまや147億円(維持費は別)に膨らんでいます。知っていただきたい。議会が議決したいまでも、まだまだこの計画はつまづくと確信します。そして区長は責任をとりません。部下と議会の責任で逃げるのではないでしょうか!?


2020年3月29日
コエダスミコ@神保町より

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

外出自粛の大雪の日に(その1)

IMG_2361
IMG_2360

⭐️まずは新型コロナに関する振り返りから

◼️全国的には・・

1月15日 国内初感染者

2月13日 国内初死者

2月27日 一斉休校 政府方針変更

2月29日 総理初の記者会見


◼️千代田区では・・

2月5日(水)健康危機管理対策本部設置詳細は以下↓↓

https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kuse/homepage/coronavirus-taio.html

◼️千代田区議会、私の動きも含め・・

2月28日(金)区議会災害対策支援本部設置

ー議員の情報および要望は、議長一括で行うことにより現場の混乱を来さないようにする、議会で一括整理しながら随時担当に申し入れ支援する。 以後、断続的に支援本部を開催ー

3月3日(火)第1回議長申入れ(長谷川区議と)  

大きく2点、家庭での養護や食事が困難な子どもたちの支援、居場所、柔軟な対応ほか

3月9日(月)区議会予算特別委員会で集中質疑  私からは、コロナ緊急融資の利子ありの考え方、校庭や学校施設の一部開放はできないか等質疑  区教委からは学童の枠が空いているので柔軟な受け入れ対応との答弁あり、広報をお願いする。  ほか、学童の人員など現場支援をお願いする。  (午後一番で、3/6(金)夜に2回に渡ってNHKで報道され、区民の逆鱗に触れた事件ー区長の番町マンション優先購入問題ーに関して木村区議の質疑が予定されており、多数の傍聴とマスコミ、カメラが待機する中での、記憶に残る質疑の現場であった。)

3月11日(水)区議会本会議最終日、西岡めぐみ議員より「新型コロナ感染症対策に関する意見書」(政府および東京都に対するもの)  提案され全会一致で可決!〜百条委員会設置の本会議を取材のカメラに囲まれての本会議にて〜  http://www.kensakusystem.jp/chiyoda-vod/cgi-bin4/GetHTML.exe?1thcp5or1yry69xm75/R020311TEIREI.html/0/10/1/0/0#hit1

3月18日(水)議長あて口頭申入れ  コロナ対策で経済がストップし収入激減の中、前年度収入を前提とした納税や国保などの通知が行くことについて、港区の石渡議員より、納税猶予制度の活用について通知書にわかりやすく紙ベースでアナウンスするとの提案が通ったとのお話を聞き、千代田区でもこれは有効ではないかと議長あて口頭伝達するも・・・

3月21日(土)議長あて口頭申入れ  地域でコロナ対策融資について窓口がパンクしているという話を地域で聞く(どこの区でも同様だが)→窓口の拡充、人員の拡充を申入れる

3月25日(水)区議会対策本部(第6回)→政府の対策として、社会福祉協議会を窓口にして福祉資金の貸付が始まった。告知、人手の支援を。議長=対策支援本部長および副本部長より「申入れは文書で行ってください」とのことに。

3月27日(金)第2回議長申入れを行う(長谷川区議と)  

納税、国保、学納金とうの猶予制度活用アナウンス、緊急融資枠を1000万円に拡大、生活保護の資産要件の解除、掲示板からインターネット情報まで素早く正確にコロナ情報を等しく得られる体制の確立を。

また、詳細はのちほどに。

いろいろあって記憶が怪しいですが、みなさんからのたくさんの情報が元になっています。引き続き様々お知らせください。


いまは、感染拡大をふせぎ、可能な限り安全重視で生き延びることです。世界を覆う不安と感染拡大は、経済の血流を止めてしまうかもしれません。日々の気づきを情報交換し、知恵を合わせて、制度を運用する側(国、都道府県、区市町村)に申入れ個人的なことは社会的なことなのですから、なんなりとメールでも電話でもご相談ください。
個人的には、自宅でも会議参加できる仕組み=WEB会議の仕組みを作りました(いまさらですが・・)。集まっての集会は困難でも、離れても会議できる体制をつくらないといま早急に話し合ったり、知識を得ていく必要があるのに、このままではイカンと思います。詳しい方に相談したら、「ズーム」というアプリを教えていただきました。100人までは無料で使えるそうです。

まずは、4月の後半に、種子法に関する勉強会をしたいと思っています。田中康夫さんがよくおっしゃっていた「ベーシックインカム」という経済の仕組みについても勉強会をしたいです。どうぞ、みなさま、スマホがあれば参加可能です、決まり次第、ご案内いたします。


3月29日外出自粛の大雪の日曜日にコエダ@神保町にて

カテゴリー: Uncategorized | コメントする