ありがたかった夏

母たちの夏はもうあっという間に終わりです

いつもとなんだか違って“すっきり感”があるのは、

断食したせい?
いっぱいおしゃべりできたから?

自分の時間が持てた?
いい発見があったから?
懸案が片付いた?

たぶんそのどれもがあてはまる。

中でも上位二つは、断食と懸案処理。
それと、いい意味での「あきらめ」と「わりきり」。

何事も完璧になんかこなせない。
でも受けた仕事は、丁寧に責任もってやる。
やれるだけやったら、あまり考えない。

本当は一家族に二人の政治活動家の存在は重すぎる。
夫は、9条が危ない、原発依存やダム依存シフトなど
黙っていられない人。ちょっと珍しいくらいの社会派だと思う。
私は政治を変えたくて27歳で公務員やめて議員に転じた人。

社会の中の自分と家庭の中の自分と折り合いがつかない。
だから悩む。
でもこれって、政治じゃなくても、共働き女性たちの
いや専業主婦であったとしても、共通の悩みなんだとも思う。

答えが出なくてもいいことってあるんじゃないかな。
自分ができること一つ一つやっていく、それが結果として人生になるんじゃないかな。

この夏も、公式の場から消えた私に
沢山のお手紙やメール、激励をありがとうございます。

気負わず焦らず歩みを進めます。

少女たちの夏

⇔おじいちゃんの畑の
ジャガイモで
仲間たちとポテトチップ作ったよと高3娘からメール

ジジババの夏

⇔子ども達が食べつくした、
千葉のジジババの畑です

ジジババの夏2

⇔地味だけどおいしいおじいちゃんの野菜
60後半の手習いで始めて、ここまでできるんだねとビックリ

少年たちの夏

⇔中2少年たちの夏もそろそろ終わり・・・

 

母たちの夏2

⇔母は二度目の断食決行

 今回は亭主も連れて行く
一日三回野菜ジュースを飲めるそんなに苦しくない断食です 

でも効果はテキメン!

何かとお名残惜しい夏ですが 、
皆さんもお元気で。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク