私の一押しは、今回も海江田万里!!

10月10日、解散総選挙が始まった!!

安倍首相による、もり・かけ疑惑隠し解散と言われる、総選挙がスタートした。
千代田区は今年の初めには区長選でトリプルスコア、7月には都議選でダブルスコアと、小池フィーバーした選挙区、奇妙ともいえるグリーンの風が吹き荒れた。それがいま、ほんの2か月しかたっていないのに、同様の風が吹いているとはまったく感じない。
希望の党の新人女性弁護士が無名であることもあるだろうが、7月に圧勝した都議も、無名と言えば無名だった。行き過ぎる候補者カーに、人々は無反応、2月と7月のフィーバーを見たばかりの私にとって、空気感の落差には驚くばかり。外側からの応援もまた楽しい!!

海江田さん平成27年4月

今週木曜日、10月19日までが、一年の区議会の中でも最もボリュームも争点もある、第三回定例会(平成28年度決算議会)があるということと、私は完全無所属で、千代田区は陣営の人材潤沢ということもあり、久しぶりに外から距離をおいて応援する国政選挙を楽しんでいる。

振り返ると、2009年民主党の政権交代になる解散総選挙の年などは、その年、2月の区長選挙で番町の人生の先輩下田武夫さん(当時ちよだの声の区議)に区長選2度目の出馬をしていただき2000票差で惜敗、6月の都議選は岩本町の知り合いの息子さん25才を都議選に出して、なんと200票差でドン内田御大に勝ち、その応援に初日より秋葉原においでくださった鳩山由紀夫さんがその後総理になられた。激動の日々だった。

ずいぶん長らく、千代田区では、私がやらないと無風選挙になってしまうという焦りと気負い、民主やミンシンも私が支えないとという気持ちがあったけれど、いまや支える議員層ができているので、もう大丈夫・・・(^^)/解放感でいっぱいだ。

もちろん、私の一押しは、今回も海江田万里!!(写真は2年前の区議選です。)
海江田さん、20年苦あり楽ありいろいろありましたけれど、ここまでくるとさすがというほかない。根性がある、体力も経験も信念もある、ぜひとも勝ち抜いて欲しい。
「立憲民主党」から出馬されると言う筋のある、勇気ある決断をされた。私の周辺では、みな一様にそのことを評価し喜んでいる。

全国に応援できる人がいないという選挙区が多々ある中で、東京一区は、海江田さんがいてくださって恵まれていると感謝したい。とはいえ、区議会ごとが手を離せないことと、千代田区ではたくさんの区議が支えているようなので、私の出番はない、というありがたい状況である。
知名度もあり、おそらくは他の候補よりも現状は優勢だと思うが、油断は禁物、口コミやさまざまな方法で、一人が一人へとどれだけ広げられるかにかかっている。19日に決算議会が終わったら、一人でも多くの方にお声をかけて回ろうと思っています。このブログを見て下さった皆さんも、どうか知り合いに18歳以上の子どもさんにそして、お買い物のレジなどであったお知り合いにさりげなくお声をかけてください。

区民に区長自らが説明することなく断行した
明大通りのプラタナスの除去、平河町の仮区営住宅建設、
四番町のまだまだ使える公共施設の取り壊しと建て替え推進、
再開発誘導のための外神田公共施設の建設誘導、
まちづくり幹部がのきなみ三役に抜擢のふしぎ、
コウテキハイよりも不透明な構想なき基金活用、
(5年で500億円、不要不急の公共施設建設に基金投入多々)
決算で明るみに出た「ほとほと困った千代田区政」の状況については、
続報にてお知らせします。

私自身は、これまでもこれからも、
自分が正しいと信じるところを、
私を育ててくれた千代田区のために良いと思うことは良い、
間違っていると思うことはあらゆる手段を使って、
広報し、行動し、
それがどれほどに困難な道であるとしても、
粛々と淡々と指摘をつづけていくつもりです。

2017年10月16日
小枝すみ子(千代田区議)

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

9月20日(水)13時~いよいよ石川区長招集挨拶となります!

いよいよ9月20日水曜日13時~区長招集挨拶、平成29年第3回定例会が始まります。

いつもと同じように始まるいつもの日程、招集挨拶ですが、
20日の区長招集挨拶に多くの注目が注がれています。
石川区長5期目に当選されて2回目の定例区議会、

来年度の予算に反映される平成28年度、決算議会となります。

議員にとっては一年の中でもっとも重い議会であると言っても言い過ぎではありません。

とりわけ区長の招集挨拶においては、注目されるものがいくつかあります。

主なものの一つ目は、
四番町と平河町の公共施設建設の進め方についてです。
私は、去る3月7日の代表質問の3問目に頭出しの質問をしております。
http://www.kensakusystem.jp/chiyoda-vod/index.html
ほんの5~6分程度ですのでご覧になってみてください。
約20億円の平河町住宅建設、約40億円の四番町公共施設合築建てかえ計画なのですが、
地域住民との参画協働のプロセスが不思議なほどないのです。
私も区議26年を過ごしてしまいましたが、
これほどに、住民との協議がなされずに固められた計画を思い出すことができません。
平成3年に発表され区民を2分したコウテキハイ(千代田区中の小学校13校を一斉廃校して、新たに8校新設するという計画)が、まずはじめに「構想ありき」で区民の大反発にあいましたが、強いて言えばあの時がそうだったかもと思うくらいそのあとにそのような例を見ません。

http://www.kensakusystem.jp/chiyoda-vod/cgi-bin4/Result.exe?Code=1thcp5or1yry69xm75&dMode=0&&KeyWord=&searchMode=1&keyMode=10&speaker=%8F%AC%8E%7D%81@%82%B7%82%DD%8Eq&speaker1=%8F%AC%8E%7D%81@%82%B7%82%DD%8Eq&kaiha=&x=51&y=12

この件について、石川区長から何らかの意思表示が20日にあるのかどうか、
ちなみに、明日19日も急きょ特別委員会があるように聞いています。

もう一点は、
前回前々回とこのブログでお知らせした、明大通りの歩道拡幅工事に関することです。
歩道拡幅工事に関することとは、車道の車線を減らすことであり、
そして50年以上その地になじんだ街路樹(プラタナス)を移し替えて、
そこに枝が広がらず管理がしやすいと行政が見込んだ「マグノリア(こぶしの一種)」を
新たに植えるということだったようです。
私も、昨年のイチョウ伐採の時から承知をしていましたが、行政の意志は固く、
議会の流れ地元の流れもあることから、正直、民主主義なので仕方がないと思っておりました。

9月15日の説明会では、たくさんの参加者とたくさんの質問意見がありました。
行政のまとめが出る前に、私がここに概要を申し述べることは差し控えたいと思いますが、
大変重要な意見が出された重要な会であったことは確かです。
本来なら、前回のブログでも述べた通り、区長が説明会の場にじかに来て、さまざまな意見に耳を傾け現段階において最善の判断を下すことが求められていたと思いますが、区長はおいでではなく、協議会のみなさんや、担当部長課長にお任せとなりました。

区長はこの間何か問題が起きると、議会が進めた、議会が決めた、議会の判断が一番重いのだと繰り返します。もちろんそれは一面事実です。しかし、環境、地球温暖化、道路管理、安心安全などあらゆる角度から、区長はどのように判断しそのように決定したのか、執行権を有する行政のトップとして、
区民議会に説明することが重要です。
8月31日、8本の陳情を審査した区議会企画総務委員会で、6項目の集約を行っています。
6項目については、
前々回9月13日号ブログをご覧ください。
今回、区長が15日の説明会の内容について報告を受けたうえで、
9月20日にどのような説明を私たち議会と区民にして下さるのか、大変興味深いところです。

私自身は、街路樹のことに関して、当初より、
簡単に街路樹をとりかえてしまうことにして、納得しているのかという疑問をなげかけていましたが、
区は、まちをあげての希望だといい、契約後も丁寧に住民と協議すると言っていたので、契約議案に賛成したのですが、それが、今回、協議会の内部でも異論があり、同じ地域に古くから住む方々も、今回初めて知ったというような状況が明らかになってしまったのです。
「無関心であるみなさんにも問題がある」と担当部長はおっしゃいましたが、公開の説明会一つないような状況で、仕事を持ち日常忙しくしている区民にそれは無理というものです。
もう一つ街路樹以外で重要だという道路車線を減らすことに関する会場の発言が気になりました。
明大通りは、日医大病院など、通りの正面に第三次救急としてもっとも重症な患者が救急車で行きかっている。確かにそうだ。この車線が2車線が一車線になれば、通り抜けの速度が落ちるのは明らか、まさにいのちの問題ではないかと。
私も樹木に目を奪われて、目がいかなかった論点で反省しました。
こうした、さまざまな意見を吸い上げてプランにするのが、地方自治、地方分権、道路行政のはずが、このような大きな騒ぎにならない限り、そして区議会が誘導しない限り、自らオープンな会合をひらくことができない千代田区は、どうにかその体質を変えなければならないのだと思います。

この他にもたくさんの争点がある、第3回定例会が、9月20日(水)13時~区長招集挨拶を皮切りにスタートします。この招集挨拶は30分程度で終わってしまうのですが、大変重要な場面になりますので、ぜひ、一人でも多くの方においでいただきたいと思います。
傍聴は区役所8階名前を書けば、どなたでも傍聴できます。この日は区長の招集挨拶だけで終わりです。
スマホでもインターネットでも見られます。
お店や家事が離れられない方は、
http://www.kensakusystem.jp/chiyoda-vod/index.html
からご覧ください。

区政で今起きていることは自分事です。
気楽な気持ちでのぞいてみてください。

9月18日自宅にて

小枝すみ子

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

お知らせ:明大通りバリアフリー歩行空間の整備事業に関する説明会の開催

前号にお知らせした8月31日区議会企画総務委員会6項目集約に基づいて以下の説明会が開催されることになりました。人数制限もされていますが一度も説明を聞いたことがない区民の方にとっては最初で最後の説明会となる可能性は大きいです。

二期工事はより丁寧に協議会を設立するなど住民参加で進めることにはなっていますが、一期工事(お茶の水駅方面)は推進を望む住民もいることから行政は計画通り25cmの歩道拡幅の為にプラタナス並木を除去する方針に今のところ変わりはありません。行政の説明に矛盾も多くどう説明できるのかが問われています。

下記説明会が千代田区より開催通知が出されましたので、お知らせします。

1.日時 平成29年9月15日(金) 19時から20時30分迄
2.場所 区立お茶の水小学校(猿楽町1-1-1)2階ランチルーム
3.その他 会場の隻数の都合上、代表者を含めて2名以内の参加とさせていただきますのでご了承ください。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

ご存じですか?「明大通り」プラタナス・・・

「ちよだの声」のページから貼り付けます。

昨年7月27日に投稿させていただいた「神田警察通り」イチョウ並木は以下の記事がひとつの
きっかけとなり奇跡の保存となり、現在も存在しています。

ご存じですか? 区内主要道路3路線の400本近い街路樹伐採に「待った」!

ご存じですか? 街路樹伐採(100年イチョウ並木)問題について

同時に伐採計画が進んでいた白山通り(都道)は、都議会の判断で伐採工事一時中断となっています。地元一橋中学校で二回の説明会が行われたところです。

明大通りのプラタナス並木についても同時に進行していましたがイチョウの影であまり知られていなかったようです。一年を経てこの夏いよいよ移植することで工事が再開された直後、プラタナスが脚光を浴びることになりました。

明治大学の先生方、一橋中学校の同窓生、地元区民有志、他、全7本の陳情が区議会へ提出され8月31日の企画総務委員会で集中審議を行い6項目の意見集約を行いました。

【日刊ゲンダイ】エコの小池知事 明大通りの街路樹70本撤去を止められるか 8月11日

【東京新聞】五輪整備 揺れる並木 「明大通り」プラタナス撤去へ 8月27日

【東京新聞】千代田区「明大通り」並木撤去計画 住民説明会求める 9月1日

以下が企画総務委員会で集約された6項目です。
1.環境モデル都市第二期行動計画にある涼風の道をH30年度に予算化する事
2. 千代田区参画恊働ガイドラインに道路改修や街路樹についても加える事
3. 明大通り関係者に説明会を行う事
4. 第三回定例会区長召集挨拶(9/20) に於いて明大通り改修工事について住民議会に対し、
「環境モデル都市」や「地球温暖化対策条例」などを踏まえて説明する事
加えて「広報ちよだ」やHP, Web などを通じ周知も併せて行う事
5. 明大通り沿道に、町会や大学関係者、ボランディアを含めた協議会を作れるよう、行政が働きかけをする事
6 明大通りの十分な安全安心対策を行う事(既にガードパイプの撤去など整備工事が行なわれているため)
陳情された8団体が、本日9月12日、都庁で記者会見を行っていると伺います。

9月15日(金)7時~お茶の水小学校説明会が開催されます。説明責任は石川区長にあるはずですが参加しないとも伺っています。果たしてそのようなやり方でどなたがこれからの千代田区に責任をもってくれるのでしょうか?このような無責任なことばかりが繰り返される千代田区であることに苛立ちを感じる日々です。プラタナスにも奇跡が起きるでしょうか?

明大の先生方は環境教育や、環境経済学の観点から学生たちとともにアダプトを行ってはどうかと素晴らしい提案もされています。未来志向のトータルな判断を然るべき人が行うべき状況ではないかと思います。

【追記】
記者会見の様子が各メディアにて報道されました。一部をご紹介いたします。

首都圏NEWS WEB「プラタナス残して」住民が訴え 9月12日

東京新聞 千代田・明大通り「並木撤去の経緯不透明」 区民らが中止要望書 9月13日

毎日新聞 千代田・明大通り 住民と明大教職員、街路樹の保護要望 9月13日

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

沖縄戦と鹿児島「知覧」特攻隊

昨日沖縄・鹿児島知覧を巡る千代田区平和ツアーから帰ってまいりました。

7/27、3日目の首里城、読谷村、シムクガマとチビチリガマ、嘉手納基地、

7/28、4日目最終日の鹿児島知覧特攻平和会館について、報告していなかったので、記憶メモ方々、見たママ、感じたままを記録しておきます。

順番が逆になってしまいましたが、

1)知覧と沖縄戦の地図と日程(館内は撮影禁止なので、ネットにあるものを代用)

2)知覧に捧げた児童館の子どもたちの千羽鶴

3)特攻隊に飛び立つ若者が手紙を書いたり仮眠をとった三角兵舎復元

4)常識では考えられないような沖縄本土への「艦砲射撃」

5)1945年4/1沖縄本土上陸の地図

6)シムクガマの1000人の村人がなぜ生き残ったかを記す碑文

(一方隣接のチビチリガマは、その多くが村民自らの手で集団自決したのはなぜか?)

忘れてはならない、沖縄の集団死 

1945年3月26日、アメリカ軍、慶良間諸島上陸集団死発生、4月1日読谷村の海岸より沖縄本島へアメリカ軍無血上陸、

私たちが読谷村の職員に連れて行っていただいた2つのガマは、当時の村民に対する皇民化教育の凄まじさを物語っている。捕虜になって囚われるより死を選べと洗脳されていた村民は、ガマにやって来て投降を呼びかける米軍を信用せず、チビチリガマではその多くが集団死、シムクマガマでは、ハワイ帰りの英語ができ、国際法を知る2人が住民を説得してほぼ全員が捕虜になって生き延びたという。いずれも上陸の日と翌日の出来事。

チビチリガマは、遺族の方々の意向で、ガマの中に入ることは許されない。赤ちゃんから年寄りまで、みな互いに殺しあったむごすぎるしの現場に、語る言葉などない。空気が怒りに満ちているような気配をただただ感じる。

シムクガマの途方も無い真っ暗な奥行きの上に、米軍機が飛び去る轟音がゴウゴウと地鳴りのように響いていた。

まさに、ここでは戦争は終わっていない。

知覧特攻と沖縄南部戦線は 

同時期のたたかいだった❗️

3日間沖縄の地上から見た死屍累々の地上線を、4日目の鹿児島知覧においては、海上から見ることになったのだ。
1300〜1500まるで沖縄の海がアメリカ軍の艦船で真っ黒だったという。
その無数の艦砲射撃の先に、沖縄本土を南部へ南部へと追い詰められ、殺戮される島民と軍人とがあり、一方で、17才18才という平和使節団同行の参加者と同じような年の子どもたちが、死を覚悟してここを飛び立ち南の海の砲弾に散ったという事実を突きつけられた。

散る桜 残る桜も 散る桜🌸

 
資料館の方からの力強く説得力のある講話、覚悟してここから飛び立った若者の自筆の日記や手紙、にこやかで屈託のない笑顔の写真、彼らのお世話をした女学生や旅館の女性(鳥浜トメさん)の証言などを重ね合わせると、72年前の彼らの声が聞こえてくるようだった。

共通することは

 
このようなことが2度とあってはならない、ということを、何度も聞いた。
「戦争というものはしてはならないんだ。これからは、平和な日本に…」、と言って16才の下平さんは鳥浜トメさんに別れを告げたという。極楽に行く人はとても優しいお顔をしていると、トメさんは述べている。
このような歴史と死者によって、いまの平和がある。
本当は死ぬのは怖い、好きなことや夢、好きな人、家族とともに過ごす事も出来ずにもう死ななければならない、肩を震わせて泣いているものもいる、それでも、早く行って軍艦に痛手を与えて、残る人たちを信じて自分たちは逝った。
2017年7月29日
かしこい、ひたむきな中高校生と
沖縄戦を巡る旅4日間の小枝メモひとまず終わり!!
小枝すみ子
カテゴリー: Uncategorized | コメントする