昨日、議会最終日の討論

昨日で、いわゆる決算議会が終わりました。
私の最大論点は、日テレ通り沿道まちづくりと、
100億円以上予算を投じてもまだ見通しがたたない
四番町平河町の公共施設の出直しリセットこそ区民利益ではないか
との論点で臨みました。
トップダウン型のツメの甘い公共事業が蔓延しています。
その全容が把握できたという点では有意義な決算でした。

が、区議会全体の最大の山は、
債権(長年の貸付金)の金額が、台帳と決算書が300万円違っていた
ことを巡る論争でした。もちろんこれも重要なこと、
私なりに勉強してみての本会議場討論は以下です。

小枝

http://www.kensakusystem.jp/chiyoda-vod/default.html

検索ワード「小枝すみ子」「討論」で検索してください。
ただし、アップされるのには一週間ほどかかります。

議員提出議案第7号

『監査請求に関する決議』に賛成の立場から討論いたします。

この度、監査委員から指摘をされた「債権額の不整合」に関しては、大きく2つの論点があると私は考えます。

1つは、債権管理のあり方の問題、もう1つは、地方自治法に定める「決算に関する書類」のとらえ方についてです。

 

総括質疑の中で、

石川区長は、生業貸付金の債権額の不整合について反省の弁を述べられるとともに「今年度中に適正な債権額と収入未済額を把握する。」と述べられました。

すなわち「財産に関する調書」にある「決算年度末現在額」30,298,760円と「生業資金貸付金元利収入」の収入未済額27,116,680円は、監査委員が指摘する通り一致していないというだけでなく、いずれの金額も適正でないとのことです。

平成30年10月1日付けの決算総括委員会資料によれば、貸付台帳上確認した金額が、いずれとも違う第三の数字、28,009,400円ということが示されたわけですが、この数字もまだ今後どうなるかわからないとの説明が決算総括最終日に示されたままの状況にあります。

 

監査委員指摘の約300万円の差額もしくは、200万円の差額については、実際にあると思っていた債権の額よりも、本当は少なかったということですので、いつの時点で、どのようにして、そうした誤差が生じたのか、第三者性、客観性をもって調査し、区民に明らかにしなければ、信頼回復の道にはたどり着かないものと考えます。

平成28年10月、和紙アート購入と千代田会館10階改修工事に関してもろもろ不透明であるという議会の指摘により、地方自治法第 98 条第 2 項の規定に基づく監査を求めたところ、「説明資料など意思決定過程が一切ないこと」等が詳細な調査のもとで明らかになり、「このようなことは二度とないよう強く要望する」との報告書が出されたことでやっと仕切り直しとなりました。内部で確認しても、このような結論が出ることはありえませんでした。今回もこれらと同様か、もしくは「あるはずの債権がない」という点では、もっと深刻な事例となってあらわれていると私は思います。

 

質疑の中で、生業資金貸付金を本人が返済しない場合、連帯保証人に返済させた事例があるとの答弁もあったわけですが、催告、承認など簡易にできる「時効の中断」手続きさえもせず「時効の援用」あるいは「償還免除」等の判断をして処理をしている、そうした個々対応を行い判断しているということは、公平公正な区政運営をはるかに逸脱しています。生活困窮の中でも返済を完了した方、あるいは連帯保証人として返済した方から見たらどのように見えるでしょう。困窮する住民に寄り添う福祉は今後一層求められるところですが、それらは他自治体のように「債権管理条例」など定め、生活再建の支援策と合わせて公平公正に行うべきものです。

 

また、会計管理者が主張するところの、付属資料は違っていても調定額は行政が判断するものなので、決算上の問題はないとする答弁も、不誠実です。調定額・収入未済額に誤りがあるなら、その積み上げである「諸収入」すなわち、決算議案にも影響があるはずです。

修正経験のある他の自治体に伺ってみると、決算議案とは法律に基づき①「各会計歳入歳出決算書」②「事項別明細書」③「実質収支に関する調書」④「財産に関する調書」の4点。地方自治法233条5項と地方自治法施行令166条に基づく書類として、法定の書類であると説明をし、誤りある場合の修正の手順手続きについてもご教示くださいました。

私としては当初、決算の修正もしくは出し直しのような手続きになっていくものと見守っていましたが、かけ離れた認識であることに危惧を感じること、私の周辺の区民の認識は私よりもっと厳しいと感じることから、このたびの「監査請求に関する決議」に賛成をいたします。(コエダ)

 

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

守る力〜うみ出す力 in ちよだ

守る力〜うみ出す力 in ちよだ

久々にスマホから投稿を試みます。

9/22午前:千代田区立九段小学校幼稚園お披露目

半分、青いならぬ、「半分、残った!」

IMG_5221

関東大震災後の大正15年建設され、80年余子ども達の学び舎となってきた復興小学校(千代田に残るは2校の内の一つ)が全部保存はならなかったけれど、大激論の末に復元保存された。
過去と未来が繋がる、心から「いいね」したい👍

IMG_5250IMG_5228

9/22午後:アーツ3331の8周年お披露目

〜千代田区立旧練成中学校リノベーションでアートスクエアになって8年〜
IMG_5238
30年前は、学校解体して高層住宅にする(公共施設適正配置構想)計画が住民の運動で頓挫して、何度も何度もその波に🌊流されそうになりながら、芸術センターや市民活動やリノベの学校として残った。お見事。代表からは、5年契約では、先を見越した投資ができないなどのお話もされて「なるほど切実なことです」、いまや世界にも名高いこの拠点が、地域とともに花開き、根付いていることに感動する。2020に向けて東京文化資源会議と東京ビエンナーレも動き始めていて、人材が集まっている。まさに、不思議ないい空間。ダブルいいね👍の一日でした。
番外編
ママ友からお声がかかって、
近江屋で久しぶりにお茶。
ワテラスの脇を通りながら、ここが神田保育園の入り口、ここが淡路公園だったねと、
ふと聞こえたニコライ堂の鐘(珍しく激しい警告のような音だった)に、何だろう何かあったのかなと、誘われて、ついつい
ミサにも参加、「お邪魔しました!」

IMG_5249

IMG_5246

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

明日9月18日からの区議会定例会

久しぶりに投稿します。

先週、夜遅くに区役所を出ると、日本橋川の方面から
涼しい風とともに、鈴虫の鳴き声がして、
癒されました。
明日からの三定が始まる前に、頭の整理方々投稿します。

番町のこと、神田のこと、開発にかかわる様々なことですったもんだしていました。

IMG_5199
一つは、こちらの件
http://www.kensakusystem.jp/chiyoda-vod/cgi-bin4/ResultFrame.exe?Code=1thcp5or1yry69xm75

これは、
6月28日日テレ開発の件、本会議質問。
自分の手に負えないほど難しい問題で、
やめようかやろうか、いややめた方がと、
ストレスで倒れて、布団の中で質問原稿を書いたという
久々につらい思い出になりました。

これに先立つ企画総務委員会の発言をめぐって、
私を名指しする陳情が議会に出されたのでした。

一期目の時から、必要に駆られて下手の横好きとして勉強してきた都市計画ですが、
ここのところ、地域でも議会でも、このテーマで議論する機会が増えて、
時代の風の変化を感じる今日この頃でもあります。

去る9月10日には、日テレ通りの開発をめぐり、町会からも、地域住民からも
堂々たる意見が述べられました。双方6人、歴史に残る大変な中身のある陳述でした。
心から感動し拝聴しました。

クオリティーの高い開発とは?

千代田区は、そのほとんどが皇居周辺エリアであり、
東京都がわざわざ特別な景観区域に指定しているゾーンです。
IMG_5201
こちらは昨年6月12日の本会議質問
皇居周辺の景観について、
(http://www.kensakusystem.jp/chiyoda-vod/index.htmlここから名前で選んでください。)
ですが、
ここはやっぱり千代田区ががんばらないといけないのではないか
と思います。

私も、
この6、7、8月の修行のような日々、諸々の出会いを経て、
トンネルの出口のようなものが見えてきました。

そのヒントが、思いがけず、
旧練成中学校、現在のアーツ3331にありました。
まだ、ここに書くことは控えますが、一言でいえばクオリティーの高い開発とは何か?
その答えがアーツ3331にありました。
「量ではない、質の高い開発とは何か?」アーツ3331にこたえがあった、
灯台もと暗しでした。

規制緩和や再開発すなわち量的開発によって住み続けられるのか、
結果、住み続けられたのか、振り返りが大切です。
でも、行政は後追い調査をしません。けれど住民には経験値があります。
どこの開発がどうなったか、その後住民がどうなったのかを知っています。

地域では、大規模開発、タワマンのような開発をしたい人と、
地道にまちづくりしたい方や、環境を守りたい方と別れます。

昔からそうでしたが、
そうした紛争が私のところに寄せられる件数が増えています。
確かにこれはおかしいと動いてみると、
大会派にどやされ、地域の推進派にどやされ、大変消耗します。
最近はそれも宿命と思うしかないという気分です。
来年は区議選ですが、私のことなどどうでもいいので、
そうした区民の疑問に対応しようとする議員を、できれば女性を、
増やしてもらいたいものです。
陳情者、傍聴者、問題意識を持って発言する人は女性が多いのに
そうした人は、議会には出てきません。そこが最大の問題です。

ちよだの声12号は好評でした。
IMG_5204
6月に作って、8月に配布するという、
なんとも間の抜けた配布だったにもかかわらず、
多くの反響をいただきました。

いつものニュースは難しすぎ、硬すぎ、
今回のはちょうどよい、わかりやすいとのことでした。

今後もわかりやすい区政報告を心がけたいと思います。

明日は
9月18日平成30年度区議会定例会が
スタートします。

できることを、たんたん粛々と取り組んでまいります。

9月17日 小枝すみ子

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

千代田区民の税金500億円 使われ方特設サイト

最近、千代田区の現状についてご興味をもって頂ける方が増えていますので再度告知させて頂きます。

[特設サイトURL]

https://www.chiyoda-fund.com/

[千代田区開発計画と公共事業のページURL]

https://www.chiyoda-fund.com/devplans

お茶の水小学校、日テレ通り、四番町公共施設、東郷公園、街路樹問題など話題沸騰の区政事項について掲載しています。(メニューを二度クリックしてください)

カテゴリー: Uncategorized | タグ: , , , , , , , | コメントする

ちよだの声 No. 12 をお届けしています

ちよだの声ニュース No.12 をお届けしております!
ぜひお時間ありましたらお目通しください

カテゴリー: Uncategorized | タグ: , , , , , , , | コメントする