沖縄戦と鹿児島「知覧」特攻隊

昨日沖縄・鹿児島知覧を巡る千代田区平和ツアーから帰ってまいりました。

7/27、3日目の首里城、読谷村、シムクガマとチビチリガマ、嘉手納基地、

7/28、4日目最終日の鹿児島知覧特攻平和会館について、報告していなかったので、記憶メモ方々、見たママ、感じたままを記録しておきます。

順番が逆になってしまいましたが、

1)知覧と沖縄戦の地図と日程(館内は撮影禁止なので、ネットにあるものを代用)

2)知覧に捧げた児童館の子どもたちの千羽鶴

3)特攻隊に飛び立つ若者が手紙を書いたり仮眠をとった三角兵舎復元

4)常識では考えられないような沖縄本土への「艦砲射撃」

5)1945年4/1沖縄本土上陸の地図

6)シムクガマの1000人の村人がなぜ生き残ったかを記す碑文

(一方隣接のチビチリガマは、その多くが村民自らの手で集団自決したのはなぜか?)

忘れてはならない、沖縄の集団死 

1945年3月26日、アメリカ軍、慶良間諸島上陸集団死発生、4月1日読谷村の海岸より沖縄本島へアメリカ軍無血上陸、

私たちが読谷村の職員に連れて行っていただいた2つのガマは、当時の村民に対する皇民化教育の凄まじさを物語っている。捕虜になって囚われるより死を選べと洗脳されていた村民は、ガマにやって来て投降を呼びかける米軍を信用せず、チビチリガマではその多くが集団死、シムクマガマでは、ハワイ帰りの英語ができ、国際法を知る2人が住民を説得してほぼ全員が捕虜になって生き延びたという。いずれも上陸の日と翌日の出来事。

チビチリガマは、遺族の方々の意向で、ガマの中に入ることは許されない。赤ちゃんから年寄りまで、みな互いに殺しあったむごすぎるしの現場に、語る言葉などない。空気が怒りに満ちているような気配をただただ感じる。

シムクガマの途方も無い真っ暗な奥行きの上に、米軍機が飛び去る轟音がゴウゴウと地鳴りのように響いていた。

まさに、ここでは戦争は終わっていない。

知覧特攻と沖縄南部戦線は 

同時期のたたかいだった❗️

3日間沖縄の地上から見た死屍累々の地上線を、4日目の鹿児島知覧においては、海上から見ることになったのだ。
1300〜1500まるで沖縄の海がアメリカ軍の艦船で真っ黒だったという。
その無数の艦砲射撃の先に、沖縄本土を南部へ南部へと追い詰められ、殺戮される島民と軍人とがあり、一方で、17才18才という平和使節団同行の参加者と同じような年の子どもたちが、死を覚悟してここを飛び立ち南の海の砲弾に散ったという事実を突きつけられた。

散る桜 残る桜も 散る桜🌸

 
資料館の方からの力強く説得力のある講話、覚悟してここから飛び立った若者の自筆の日記や手紙、にこやかで屈託のない笑顔の写真、彼らのお世話をした女学生や旅館の女性(鳥浜トメさん)の証言などを重ね合わせると、72年前の彼らの声が聞こえてくるようだった。

共通することは

 
このようなことが2度とあってはならない、ということを、何度も聞いた。
「戦争というものはしてはならないんだ。これからは、平和な日本に…」、と言って16才の下平さんは鳥浜トメさんに別れを告げたという。極楽に行く人はとても優しいお顔をしていると、トメさんは述べている。
このような歴史と死者によって、いまの平和がある。
本当は死ぬのは怖い、好きなことや夢、好きな人、家族とともに過ごす事も出来ずにもう死ななければならない、肩を震わせて泣いているものもいる、それでも、早く行って軍艦に痛手を与えて、残る人たちを信じて自分たちは逝った。
2017年7月29日
かしこい、ひたむきな中高校生と
沖縄戦を巡る旅4日間の小枝メモひとまず終わり!!
小枝すみ子
カテゴリー: Uncategorized | コメントする

優れた沖縄戦を巡るプログラム

沖縄3日目、

今日は読谷村訪問、チビチリガマ・シムクガマ、首里城、嘉手納基地から

鹿児島へと行きます。

ひめゆりや白梅学徒のみなさんと

同じくらいの年齢の子どもたちがリーダーをつとめる、千代田区平和使節団への同行、このプログラムが大変よくできている。

戦後50年の節目だった、平成7年に国際平和千代田区宣言から22年、絶えず、広島、長崎、沖縄への子供たちと区民による平和使節団派遣を続けて来た千代田区。自ら参加したいと手を挙げて、参加している10代の子どもたちと、

昨日は

嘉数高地、糸数アブチラガマ、摩文仁の丘、平和のイシジ、ひめゆりの塔、平和記念館、白梅の塔と南部戦跡を回る。

沖縄観光ボランティアガイドの長嶺智子さんがわかりやすく説明してくださるので、初日の夜の沖縄戦体験者のお話の記憶を辿りながら、確かめつつ確かめつつ、戦跡を巡る。

10代の子どもたちの強さ利発さ、

72年前の経験をしっかりと受け止めて行くチカラ、長嶺さんから別れ際に

最後のひめゆり資料館でこれでは時間が足りないというお子さんたち、珍しいとお褒めの言葉をいただいたが、私も同感だった。

旅先にて写真のみ、貼り付けます。

今日は沖縄戦体験者である大田元沖縄県知事の県民葬の日だったことを、ホテルのテレビで知る。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

沖縄の語り部「大嶺初子さん」のお話

語り部さんの講話、忘れないうちにほんの少しでも、メモをさせていただく。朝ごはんの前に。

今日は昨日のお話で聞いた中にも出てくるいくつかの地名場所、逃げまどい人が亡くなった場所、南部戦跡、嘉数高地や糸数の壕、摩文仁の丘など巡る。千代田区のプログラム素晴らしく良く出来ている。
大嶺さんの小学校2年時の話だという。
とつとつとげきすることなく、私はお話が上手くないですからわからないでしょうとおっしゃりながらの話が、言いようのないほどわかりやすい。どの映画より、どの書物より、どの学者の話より。
今まで断片的に聞いていた沖縄の話が、多分初めて、点と線が面になって私の前で描き出されたような気がした。(私の知識など生半可だから、もっと深く理解する人もいるのだろうろ思いながら、聞いた。)
今日は時間がないからそのキーワードだけ記しておく。
72年終わらない戦争
天皇が神、皇民化教育、亀の甲墓
兵隊さん来た、喜び、軍歌ならう、あなた方助けるために来たという兵隊さん
防空壕つくる
国民学校兵舎に
鬼畜米英
どうせ勝つ
それでも勝つ
トンボのような飛行機
対馬丸魚雷でやられる
自分は次の船で行く予定がとりやめ
4/1アメリカ軍上陸
一番狭いところから米軍上陸
無条件で上陸
三分の一は北へ
3分の2は南部へ
それでも兵隊さん守ってくれると
戦争夫婦喧嘩軽く見ていた
2日がかりで飛行場はやられる
第一第二第三の壕探す
祖先安置した岩の下に奥行きないが子供が座れるだけの壕
爆弾投下の音で距離を聞き分ける
防空壕でネズミのような生活
それでも激しい戦いまだ見えず
5月後半、頻繁に飛行機くるように
ウシジマ閣下大本営に降参しようと通知
松代壕が遅れている
頑張れ
南部はガマが多い
重傷者は青酸カリ等で死なせる
動けるもの南部に撤退
物資兵隊薬品輸送する戦艦ヤマト撃沈
6月末何もなくなって
軍を解散
ピンポン球のおにぎりさえもなくなる
軍隊解散
解散後は自分で生きるだけのもの探す
10月10日
平和のイシジ高台?安全と言われていた
鍋釜スコップ食料持って家族で移動
その時見た風景
森は火災草木真っ赤
初めて戦争の恐ろしさ見て気絶
死人肉の破片焼けただれて生きる人
助けてください
この世にこんな地獄があるのか
摩文仁危ないから糸満に
死んだ人見ると羨ましいと思う
畑の兵隊ウジが湧いて生きる
取ってあげるとこれを食べていると
水のない苦しさ
死んでる人が羨ましい
土を食べる人
サトウキビの根っこ
帰らないお父さん
死んだんだね
人の手頭不発弾
それでも助かった父、私
神様ありがとう
喜屋武岬に行こう
あとは家族一家死ねるところ探す
水タンクの中に入る
父はみんなで死のう
私は生きたい
何もないなぜ生きられる
惨めな気持ちワーワー泣く
心配するな皆一緒に死ぬからと父
父、手榴弾抜いたのに爆発しない
米兵に糸満に連れて行かれる
年寄りのおじいちゃん
沖縄のおじいちゃんに見えたが兵隊さんだ
手榴弾は投げるかぶつけるかしないと爆発しないのだと習う
米兵にもらう食料毒と思って皆捨てる
戦争惨めなこと
9条
何を目指しどう生きようとしたか
恐怖でしかない日々
私の使命
戦争は人間がやるもの
世界平和を守りたい
テロのない平和を維持するために
どうしたらいいのか
サンフランシスコ条約
島津はん
王朝時代
沖縄

命が大切
みんなを信じていた神の国沖縄に戻りたい
復帰運動
振興費とは
カテゴリー: Uncategorized | コメントする

平和使節団-沖縄・鹿児島班、本日より行ってきます!

千代田区では、戦後50年目の節目となる平成7年1995年に、「国際平和千代田区都市宣言」をしています。
以来、22年間、沖縄鹿児島班、広島班、長崎班の三班を、千代田区平和使節団として、区内在住、在学の方々と区議会から一人随行として、派遣してきました。
平成12年2000年下の子がお腹にいるとき、私は「広島使節団」に参加しましたが、今年は、沖縄への参加させていただくことになりました。
2000年に生まれた子も、いつの間にか、高校2年生になりました。事前学習で会った参加者は、区内在学の中学生と高校生の子どもたち。お話も聞き取りも書き取りも立派です。
あの時、広島にて原爆投下されたその場に立って受けたリアルな衝撃はいまでも忘れません。すっかり50すぎのおばちゃんになった私は、沖縄で、鹿児島の知覧で何を学び、平和の語り部になれるのか、自分の感性を開いて、よく聞きよく見て感じてきたいと思います。
子どもたちの柔らかな感性に触れてきたいと思います。
まずは足を引っ張らないようにすれば、そして、有意義な平和の旅となることでしょう。
千代田区での宿題、仕事いっぱいやり残してきてしまいましたが、少々のご勘弁を。
区議会では今日もヘビーな委員会ご苦労様です。
1枚目は先週末、すずらん通りで学んだ沖縄と文学、
2枚目は2000年の広島の記録から、
3枚目の写真は今年の記事と宣言です!
カテゴリー: Uncategorized | コメントする

今年の前半、千代田区は何かと台風の目です!

テレビで見る区長選と

都議選が終わりました((+_+))

この状況下において、打って出た方は、それぞれにご苦労さまだと思います。
選挙の風と言うものはいったん吹き荒れるとどうしようもありません。
区長選挙に引き続き、都議選でも、小池都知事の都民ファーストが大きな勢いを見せました。1992年の細川新党に匹敵する大きな風、現状への不満と行き詰まりの受け皿となりえたという意味で、あっぱれなことだと思います。

unnamed

千代田区長選 投票率53.67%
石川雅己さん(75歳) 16371票 4期目
与謝野信さん(41歳)  4758票
五十嵐朝青さん(41歳) 3976票

東京都議会議員選挙 千代田区 定数1 投票率54.28%
樋口高顕さん(都民ファ、34歳) 14418票 新人
中村彩さん (自民 27歳)    7556票
須賀和夫さん(無所属 61歳)   2871票

築地の選挙にしばし没頭

unnamedunnamed

築地が好きで、
森山高志さん(建築ジャーナリスト)が大好きな私は、気が付けば中央区の選挙に没頭していました。

築地と皇居と東京都
運命共同体のような気がしています。

このままでは、本当に、よくわからないものに食い荒らされて放り出される、過酷な東京の運命、かつては「東京を愛する市民の会」をつくって運動を起こしたこともあります。森山さんの一言一言に共感するところ大でした。結果は、大きな風の前に残念な結果でしたが、森山さんの訴える公共事業のあり方、そして都市と建築のあり方についての問題提起は、色あせるどころかさらに光り輝いています。

千代田区のみなさんも、築地への買い出しや知り合い関係など票を持っている方も多く、はがきを書いていただいたり、会合にも参加いただき、「森山さん区長にしたいくらい素晴らしい方だ」という評価もいただき、うれしくなりました。

あきらめないこと、風はいろいろ吹きますが、「正しいことのためにたたかう」(ヒラリークリントンの敗戦の弁だそうです)ことをやめないことが大切では。
そして、ふるさと東京を大切にすることです。
http://chiyoda-no-koe.net/そのことに関するコエダの質問は、ちよだの声のHPで。

会合様々、勉強勉強!

7月2日あこがれの財政研究会in水上へ初参加
IMG_2527

超党派の女性議員で岐阜合宿、野田聖子さんの話、共感多々
IMG_2626

7月25日より平和使節団として沖縄と知覧(鹿児島)に行ってきます!

中学生高校生たちすばらしい感性と問題意識です。
事前勉強会から、たくさんの刺激をいただきました。報告はまたあらためて。

2017年7月17日小枝すみ子

カテゴリー: Uncategorized | コメントする